ゲーミングデバイス買うならAmazonギフト券購入で1000円分ついてくるキャンペーンがねらい目!

【2PC配信方法】キャプチャカード不要!OBSで高画質2PC配信「NDI配信」の設定方法

ゲームやライブ配信はPC1台で配信している場合が多いと思います。

しかし、もしPCが2台あるなら「配信」と「映像(ゲーム)」を分担することで負荷が減り、高画質配信が可能となります。

主な2PC配信方法には以下があります。

主な2PC配信方法
  1. キャプチャーカードを使う方法
  2. LANケーブルだけでキャプチャーカード使わないNDI方法

今回はキャプチャーカード使わないNDI方法の紹介です。

ひよこ
海外配信者やプロゲーマーは2PC配信が多いですね

NDI配信のメリットは以下

メリット

  • キャプチャーカードを使わないので音声遅延(ズレ)が発生しない
  • キャプチャーカードの金額がかからない
  • 導入が簡単

NDI方法は聞きなれず設定難しいのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、やってみた感想ですが…

めちゃくちゃ設定簡単で遅延もないです!

NDI方法の流れ

2PC配信の手順

2つのPCをネットに接続する

両方のPCにOBSソフトをインストール(OBS、StreamlabsOBS、OBSLIVE、Xsplitなど)

両方のPCにNDIプラグインをインストールする

完了

NDI方法で用意するもの

NDIのプラグインをインストールするだけです。

必要なもの

  • PC2台
  • NDIプラグインのインストール
  • LANケーブル(できればCAT7以上)
  • 配信ソフト(OBS、StreamlabsOBS、OBSLIVE、Xsplitなど)

以上です。特にこれといって特別なものは必要なものはないかなと思います。

MEMO
LANケーブルは規格があり送受信できるデータ量が異なるためFPSなどのゲームではCAT7以上がおすすめです。

NDIプラグインのインストール

こちらからプラグインを2つのPCにインストールします

参考 OBS-NDIGitHub

下にスクロールし「Windows-Installer.exe」をクリックしてインストールします。

ゲーム用PC側の設定

プラグインをインストールしOBSを立ち上げるとNDI設定項目が追加されるのでクリックします

ツール→NDI™Output settingsをクリック

設定画面が開くので設定する

「MainOutput」にチェックをいれ、好きな名前をつけます。

以上です。

音声設定:ゲーム用PC ※2019/8/30追記

STEP.1
ミキサーのオーディオ詳細プロパティを開く

ミキサー項目のNDIソースの歯車マークをクリックし、オーディオの詳細プロパティを開く

STEP.2
「ディスクトップ音声」と「マイク」のモニタリング設定を変更する

「デスクトップ音声」と「マイク」の音声モニタリング設定を変更します。

  • 「デスクトップ音声」:モニターオフ
  • 「マイク」:モニターオフ

配信用PC側の設定

配信用PCのOBSソフトを立ち上げます。(OBSでおこなってますが、StreamlabsOBSでも基本操作は同じです。)

ソースの追加

 

NDIソースを選択しクリック

OBS

ソース名に先ほどゲーム用PCで設定した名前がでてくるので選択

設定内容

  • Souce Name:ゲーム用PCで設定した名前
  • Bandwidth:Highest
  • Sync:Internal ※networkは外部から、Internalは同一ネットワーク内からの接続に使います。

以上ですべて完了です。

音声設定:配信側PC ※2019/8/30追記

STEP.1
ミキサーのオーディオ詳細プロパティを開く

ミキサー項目のNDIソースの歯車マークをクリックし、オーディオの詳細プロパティを開く

STEP.2
「NDI」と「ディスクトップ音声」のモニタリング設定を変更する

「NDI Sourse」と「デスクトップ音声」の音声モニタリング設定を変更します。

  • 「NDI Sourse」:モニターオフ
  • 「デスクトップ音声」:モニターオフ

 

配信する時

①どちらのPCもOBSソフトを立ち上げます。

②配信用PCで配信開始をおします。

MEMO
ゲーム用PCはOBSを立ち上げておくだけで大丈夫です

LANケーブルはSAT7以上がおすすめです

ゲームをするならLANケーブルの規格はSAT7以上がおすすめ

LANケーブルは規格があり送受信できるデータ量が異なるためFPSなどのゲームではCAT7以上がおすすめです。

それでは快適なゲームライフを