ゲーミングデバイス買うならAmazonギフト券購入で1000円分ついてくるキャンペーンがねらい目!

マウスパッドArtisan飛燕(ヒエン)購入!以前のロジクールG640と比較レビュー

皆さんどのマウスパッドをお使いでしょうか?

PCでプレイする人、特にFPSやTPSなどエイム精度が重要とされるゲームではとても重要な要素です、実際一番買い替えてるかもしれません。

マウスパッドを選ぶポイントは『滑り』と『止め』のバランスだと思います。

ただご自身にあったマウスパッドがどれなのか迷いますよね?

僕が最近購入した「Artisan」というマウスパッドは種類が豊富です、しかしそれゆえにどれがいいのかさらに悩む。

なので僕が選んだポイントと種類の比較をレビューがてら紹介させていただきます。

Artisanとは

Artisanは完全国産のゲーミングマウスパッドとして有名ですね。

種類が豊富

Artisanの一番の特徴といえるのが種類の豊富さです。

この理由からArtisanを購入している人が多いと思います。種類は飛燕、飛燕VE、零、疾風、疾風乙、隼、雷電、紫電改と8つが用意されておりそれぞれ滑りやすさと止まりやすさが異なってます。

さらにマウスパッドの厚さも3種類あるので

現在24通りの選択ができるのが魅力的です!

名前の由来

これもよく知られた話しではありますが、マウスパッドの名前は全て日本軍の戦闘機が由来となってます。

ひよこ

神風は?
それは戦闘機の名前じゃなくて部隊の名称じゃん

くま

おすすめシリーズは「NinjaFXシリーズ」

Artisanには「Classic」、「FX」、「RMシリーズ」とあります。

なかでもオススメは「FXシリーズ」です。

MEMO

公式からの「FXシリーズ」特徴記載

FX シリーズはロック加工により CLASSIC シリーズの欠点であった硬いエッジ、粘着感を解消。使いやすさが200%アップしXLサイズが登場してます。

現在大きなXLサイズを求めるなら現在「FXシリーズ」のみとなります。

ちなみに「RMシリーズ」はマウスパッドの表面と裏面が分かれた形状のマウスパッドなので、汚れたら表面だけを買い換えていくのでメンテナンスがはかどります。

比較

モデル別使用感

サイズ表

サイズ 横(㎜) 縦(㎜) 厚さ(㎜)
Sサイズ 250 210 4
Mサイズ 320 250 4
Lサイズ 420 330 4
XLサイズ※FXシリーズのみ 490 420 4

 

僕はローセンシなほうなのでLサイズ必要ですがハイセンシプレイヤーの方はもっと小さくてもいいかもしれません。

一番人気は飛燕、ぼくのおすすめも飛燕です。どれを買えばよいかわからない場合はまずこれ買っておけば問題ないかと思います。

ちなみに僕が買ったものは飛燕のLサイズで硬さはSoft

LogicoolG640rと飛燕の比較

以前使っていたロジクールG640と比較

使ってみた体感でですが、

トラッキング:Logicoolが僅差で上

滑りやすさ:どちらも同等

ストッピング(止めやすさ):飛燕が若干上

という印象でした。

マウスパッドは消耗品なので手洗いなどはあまりお勧めしません。やはり買い替えて使うことで摩擦による消耗がない状態なので本来の性能を発揮できると思います。

※使っているマウスはG502

まとめ

やはり実際に触っていただくことが一番だと思います。

今後マウスパッド色々試してみる予定なのでその都度レビューさせていただきます。