【フォートナイト】渋谷TSUTAYAにて「メリーミントアックス(ミンティーアックス)」購入受取の流れ

【YouTube】ポリシー変更でビデオゲームの 「暴力的コンテンツ」を12月2日より緩和

YouTubeは12月1日、ポリシーの変更を発表!

YouTubeは、同プラットフォームにアップロードされたビデオゲーム内の暴力的コンテンツに対する既存の制限を変更。

ゲーム内の暴力表現は年齢制限によるコンテンツへ該当

YouTubeチーム「Hazel」氏はポリシー変更について投稿。

ポリシーの変更によりゲーム内の暴力表現は年齢制限対象とならず、映画やテレビ番組と同様「脚本が用意された暴力」として扱われると発表されました。

以下発表内容

NOTE

すべてのゲーミングクリエーターに向けて:

実際の暴力と、映画、テレビ番組、またはビデオゲームで見られるような脚本されたまたはシミュレートされた暴力表現は実際の暴力表現と違いがあることがわかっているため、暴力的コンテンツやグラフィックコンテンツに関するポリシーを一貫して実施するようにしたいと考えています。

12/2以降、ビデオゲームで見つかった脚本またはシミュレートされた暴力的なコンテンツは、他の種類のスクリプト化されたコンテンツと同じように扱われます。

  • 脚本、またはシミュレートされた暴力を含むゲームのアップロードは、年齢制限される代わりに承認される可能性があります
  • ゲームでの暴力に対する制限は緩和されますが、このポリシーは、リアルな暴力映像から視聴者を保護するため厳しい基準は維持されます。
  • 暴力や残虐行為の画像が動画の中心である場合、コンテンツに年齢制限が設定される場合があります。
  • たとえば、ビデオがビデオゲームの最も暴力的な映像部分のみの場合。

– Hazel(チームYouTube)

これで人気ゲーム「DeadbyDaylight」の少しエグイシーンや激しい戦闘もののゲーム動画も、今回のポリシー変更で緩和される可能性がでてきた。

YouTubeチーム発表ページ:https://support.google.com/youtube/thread/21744943