【フォートナイト】12月12日10時より「ミンティーアックス」コード付き再販決定!注意点やコード受け取り方法要チェック!

【YouTube】11月14日規約変更により、子ども向けコンテンツの広告収益が減少する可能性!【ユーチューブ】

YouTubeは11月14日、コンテンツ規約を変更。児童オンライン プライバシー保護法(Children’s Online Privacy Protection Act、COPPA)やその他の関連法の遵守義務を果たすため、コンテンツが子ども向けに制作されたものであるかどうかを申告することがすべてのクリエイターに義務付けられYouTubeクリエイター宛てに通知と動画で発表された。

今回の規約変更はすべてのクリエイターのコンテンツに適用され、子ども向けコンテンツの収益が減少する可能性がある。

視聴者の設定は、チャンネルに存在する子ども向けコンテンツの分量に応じて、チャンネル単位か動画単位で行えチャンネル単位で設定する場合は、ワンクリックで設定が完了。

収益への影響

11月14日よりコンテンツが子ども向けに制作されたものかどうかを YouTube Studio で申告することがすべてのクリエイターに義務付けられます。

子供向けかどうかは動画単位、チャンネル単位で設定でき公式からの発表によると

法律遵守のため、来年 1 月以降、子ども向けコンテンツから YouTube が収集するデータを制限。

これにより、子ども向けコンテンツにはパーソナライズド広告が表示されなくなります(子ども向けのコンテンツを制作するクリエイターの収益に影響します)。また、コメントや通知などの一部機能が使えなくなります。

YouTubeは正式に収益に影響すると明言している。

MEMO
米国では子どもの年齢は13歳未満を指す

規約変更の理由

この変更は、COPPA法(コッパ法)によって子供たちのオンライン上でのプライバシーを守るという観点から規約が変更。

YouTubeの規約変更はGoogleと米国連邦取引委員会(FTC)およびニューヨーク州司法長官へ和解の一環として行われることになったようでクリエイターの皆さんが児童オンライン プライバシー保護法(COPPA)やその他の関連法を遵守できるようにすることを目的としているとのこと。

最後に

子供向けコンテンツの判断は他の動画同様機械学習システムも利用しているとのこと、具体的にどのような表現が「子ども向け」に該当するかは不明だが、子ども向けと判断された動画から推測しサムネイルづくりや、レビューや紹介商品、タイトルのつけ方などを考慮する必要が出てくるかもしれない。

YouTubeの視聴者には若年層も多く、特に子供向けコンテンツの動画収益で生計を立てているクリエイターにとってコンテンツ作りの工夫と配慮が必要となると思われます。

こうした規約変更はYouTubeがメジャーなオンラインサービスとして地位を確立した証ともいえるかもしれないですが、今後より一層ユーザーへ向けた配慮がクリエイターに求められる時代になってきたのかもしれない。

また最新情報入り次第記事にいたします!