【フォートナイト】スマッシュ&グラブチャレンジ(ノーマル&プレステージ)攻略ガイド

NVIDIAの新型GPU「GeForce RTX 2070 SUPER」「RTX 2060 SUPER」が各社(ZOTAC,MSI,玄人志向,GIGA-BYTE)より発売解禁。

NVIDIAが2019年7月2日に発表した新型GPU「GeForce RTX 2070 SUPER」「GeForce RTX 2060 SUPER」搭載のグラフィックスカードの発売が7月9日解禁となり各社
(ZOTAC,MSI,玄人志向,GIGA-BYTE)より販売開始となった。

発表時の想定価格は「RTX 2070 SUPER」が6~7万円台、「RTX 2060 SUPER」が5~6万円台でした。

実際の販売価格は5~6万円となっており、いずれにしても2080Tiなど高スペックGPU(現在約16万円)に比べると価格は3分の1ほどで手の出しやすい価格となっている。

各社「RTX 2070 SUPER」「RTX 2060S UPER」GPU詳細

※製品名はAmazon.co.jpへのリンク、()内はメーカー想定売価となります。

MSI

MSIは「GeForce RTX 2070 SUPER VENTUS OC」、「GeForce RTX 2060 SUPER GAMING X」の2製品。

MSIが提供する最新版ソフトウェア「Afterburner」にて、オーバークロック設定可能。

ファン部分は「GeForce RTX 2070 SUPER VENTUS OC」は「2基の空冷ファン」「ヒートパイプ」を組み合わせた独自クーラーを採用。

ヒートシンクファン搭載部・上面にRGB LED搭載し、「Mystic Light」によるライティングカスタマイズが可能。

GeForce RTX 2060 SUPER GAMING X」のファンは独自クーラー「TWIN FROZR 7」搭載により2基のトルクスファン 3.0が装備され、4本のヒートパイプがGPUと電源部を冷却する構造。

ブーストは最大クロック1695MHzまで引き上げ可能。

玄人志向

PCメーカー玄人志向はGalaxとコラボブランド「GALAKURO GAMING」より発売され商品名は「GG-RTX2070SP-E8GB/DF」と「GG-RTX2060SP-E8GB/DF」の2製品。

最大ブーストクロックはそれぞれGG-RTX2070SP-E8GB/DFが1815MHz,GG-RTX2060SP-E8GB/DFが1695MHzとなっており、他社と比べ販売価格が安価なのが特徴

GIGABYTE

GIGABYTEからは,RTX 2070 SUPER搭載カードが2製品,RTX 20560 SUPER搭載カードも2製品の計4製品が発売。

AORUSブランドの2種類と通常モデル2種類の4製品となる

AORUSブランドモデル

 

2モデルは,3基のRGB LEDファン,ヒートパイプ,大型ヒートシンクを組み合わせた「WINDFORCE STACK 3X」クーラーを搭載し,GPUだけでなく電源部とグラフィックスメモリ周辺も冷却する。

出力インタフェースが,HDMI 2.0bとDisplayPort 1.4とUSB Type-C(VirtualLink対応)コネクタを備え、最大5画面での出力可能

通常モデル

2製品は,3基の80mmファンを搭載する独自クーラーを採用する。ファン部分にLEDはないが,側面のGIGABYTEロゴが光る仕様。

延長保証3年でメーカー保証1年とあわせ4年の保証が可能となるのが特徴です。

※240Hz出力はDisplayPortとなります。

ZOTAC

ZOTACからは「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2070 SUPER Twin Fan」と「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 MINI」の2製品

どちらも大型アルミフィンのヒートシンクとバックプレートのオリジナルクーラー「IceStorm 2.0」を搭載。

ソフトウェア「FireStorm」によって動作クロックの制御が可能。

最大ブーストクロックはそれぞれZOTAC GAMING GeForce RTX 2070 SUPER Twin Fanが1,770MHz、ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 MINIが1,650MHzとなっています。