【フォートナイト】渋谷TSUTAYAにて「メリーミントアックス(ミンティーアックス)」購入受取の流れ

NVIDIAの新型GPU「GeForce RTX 2070 SUPER」「RTX 2060 SUPER」が各社(ZOTAC,MSI,玄人志向,GIGA-BYTE)より発売解禁。

NVIDIAが2019年7月2日に発表した新型GPU「GeForce RTX 2070 SUPER」「GeForce RTX 2060 SUPER」搭載のグラフィックスカードの発売が7月9日解禁となり各社
(ZOTAC,MSI,玄人志向,GIGA-BYTE)より販売開始となった。

発表時の想定価格は「RTX 2070 SUPER」が6~7万円台、「RTX 2060 SUPER」が5~6万円台でした。

実際の販売価格は5~6万円となっており、いずれにしても2080Tiなど高スペックGPU(現在約16万円)に比べると価格は3分の1ほどで手の出しやすい価格となっている。

各社「RTX 2070 SUPER」「RTX 2060S UPER」GPU詳細

※製品名はAmazon.co.jpへのリンク、()内はメーカー想定売価となります。

MSI

MSIは「GeForce RTX 2070 SUPER VENTUS OC」、「GeForce RTX 2060 SUPER GAMING X」の2製品。

MSIが提供する最新版ソフトウェア「Afterburner」にて、オーバークロック設定可能。

ファン
  • GeForce RTX 2070 SUPER VENTUS OC」:「2基の空冷ファン」「ヒートパイプ」を組み合わせた独自クーラーを採用。
    ヒートシンクファン搭載部・上面にRGB LED搭載し、「Mystic Light」によるライティングカスタマイズが可能。
  • GeForce RTX 2060 SUPER GAMING X」:独自クーラー「TWIN FROZR 7」搭載により2基のトルクスファン 3.0が装備され、4本のヒートパイプがGPUと電源部を冷却する構造。

ブーストは最大クロック1695MHzまで引き上げ可能。

玄人志向

PCメーカー玄人志向はGalaxとコラボブランド『GALAKURO GAMING』より発売。

商品名は「GG-RTX2070SP-E8GB/DF」と「GG-RTX2060SP-E8GB/DF」の2製品。

最大ブーストクロックはそれぞれGG-RTX2070SP-E8GB/DFが1815MHz,GG-RTX2060SP-E8GB/DFが1695MHzとなっており、他社と比べ販売価格が安価なのが特徴

GIGABYTE

GIGABYTEからは,RTX 2070 SUPER搭載カードが2製品,RTX 20560 SUPER搭載カードも2製品の計4製品が発売。

AORUSブランドの2種類と通常モデル2種類の4製品となる

AORUSブランドモデル

2モデルは,3基のRGB LEDファン,ヒートパイプ,大型ヒートシンクを組み合わせた「WINDFORCE STACK 3X」クーラーを搭載し,GPUだけでなく電源部とグラフィックスメモリ周辺も冷却する。

出力インタフェースが,HDMI 2.0bとDisplayPort 1.4とUSB Type-C(VirtualLink対応)コネクタを備え、最大5画面での出力可能

通常モデル

2製品は,3基の80mmファンを搭載する独自クーラーを採用する。ファン部分にLEDはないが,側面のGIGABYTEロゴが光る仕様。

延長保証3年でメーカー保証1年とあわせ4年の保証が可能となるのが特徴です。

※240Hz出力はDisplayPortとなります。

ZOTAC

ZOTACからは「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2070 SUPER Twin Fan」と「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 MINI」の2製品を発売

どちらも大型アルミフィンのヒートシンクとバックプレートのオリジナルクーラー「IceStorm 2.0」を搭載。

ソフトウェア「FireStorm」によって動作クロックの制御が可能。

最大ブーストクロックはそれぞれZOTAC GAMING GeForce RTX 2070 SUPER Twin Fanが1,770MHz、ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 MINIが1,650MHzとなっています。