【Logicool G733 レビュー】側圧軽減!カラバリ豊富なワイヤレス軽量ゲーミングヘッドセット

【Amazon】『Lunaコントローラー』とサブスクのクラウドゲーミングサービス『Luna』発表!

credit:amazon

Amazonは現地時間9月24日、クラウドゲーミングサービス「Luna」を発表。

北米にてアーリーアクセス開始し早期アクセス期間中は月額5.99ドルの先行価格で提供。日本でのサービス提供は現在のところ未定となっています。

Amazonは世界一巨大なゲーミングサイトTwitchの運営として知られており、Twitchとの連携も可能。

クラウドゲーミングサービス『Luna』

credit:amazon

本サービスのメリットは以下

メリット
  • 長時間のダウンロードやアップデートなし
  • 高価なハードウェアや複雑な設定なし
  • Twitchとの連携
  • 様々なデバイスでどこからでも利用できるクラウドゲーミング

1つの画面で再生を開始し、別の画面でシームレスに選択して続行することもできます。

ローンチ時点で対応デバイスはFire TV、PC、Macだけでなく、iPhoneとiPad用のウェブアプリでも利用可能で、Androidも間もなく登場する予定。

早期アクセス期間中は月額5.99ドルの先行価格で提供され、今後さらに多くのタイトルが追加される予定だ。

credit:amazon

UBIソフトと提携

Amazonはまた、世界的な大手ゲーム会社Ubisoftとの新しいゲームチャンネルを発表し、Lunaから直接入手できるようになったと発表。

アサシンクリード、Far Cry 6などがローンチされると同時に、アクセスできるようになるとのこと。

Ubisoftの収益担当SVP、Chris Early氏は、

「私たちはAmazonと一緒にLunaで仕事をできることを誇りに思っています。

クラウドゲームの力を利用して、プレーヤーがどこにいてもゲームにアクセスできる別の方法を提供しています。」

「UbisoftのLunaチャンネルでは、AlexaやTwitchの統合機能などプレーヤーに優しい機能を利用しながら、われわれの多くのゲームタイトルとともに、われわれの新作も体験できる。」と述べました。

Twitchとの連携

Lunaからは、Twitchのゲームストリームを見ることができ、Twitchからは即座にLunaのゲームをプレイできるようになる。

Lunaコントローラー

ユーザーはキーボードやマウス、Bluetoothゲームコントローラ、または 「Luna Controller」 でLunaをプレイできます。

credit:amazon

 

Lunaコントローラー」はCloud Directテクノロジを搭載。

クラウドサーバに直接接続するため、ペアリングや設定を追加しなくても、Fire TVから携帯電話などの画面を簡単に切り替えることができる。早期アクセス期間中は49.99ドルで提供されます。

また最新情報入り次第記事にいたします。

公式発表サイトはコチラ