【Logicool G PRO X WIRELESS レビュー】DTS Headphone:X 2.0搭載!ワイヤレス最高峰ヘッドセット

【Razer】カナル型ヘッドセット「Hammerhead Duo Console」とゲーミングキーボード「Huntsman Elite JP」を1月31日国内発売!

credit:razer

Razer社は、スマートフォン・ゲーム機向けのカナル型ヘッドセット「Razer Hammerhead Duo Console」(税抜希望小売価格8,000円)と、Razerリニアオプティカルスイッチを搭載する日本語配列キーボード「Razer Huntsman Elite JP – Linear Optical Switch」(税抜希望小売価格27,091円)を、2020年1月31日(金)から国内発売します。

<以下プレスリリース内容>

「Razer Hammerhead Duo Console」

特徴
  • デュアルドライバーテクノロジー
  • 3つのシリコンチップサイズ
  • アルミフレームと編組ケーブル
  • インライン制御とマイク
  • アナログ3.5 mmジャック

Hammerhead Duo Consoleは、3.5mmミニプラグで接続する、スマートフォン・ゲーム機向けのカナル型ヘッドセット(マイク付イヤフォン)です。BA(バランスド・アーマチュア)型とダイナミック型、2つのドライバーを内蔵するハイブリッド構成を採用。BA型ドライバーで中高音を繊細に再生し、ダイナミック型ドライバーで低音域に厚みを持たせ、クリアで迫力あるサウンドを実現しています。

基本的な仕様はHammerhead Duoと同様で、ケーブルにはインラインリモコンとマイクを搭載し、ボイスチャットに対応します。変更点はインラインリモコン部分。音量コントロールと再生・通話対応をするための中央コントロールから、要望の多かったマイクのオン・オフの切替スイッチへと変更しました。ゲーム中にトイレや水分補給、急な電話の応対などが発生した場合でも、手元で瞬時にボイスチャットをオフに変更できます。

カラーバリエーションは、ベーシックな「Black」と、Razerのイメージカラー・Razerグリーンが映える「Razer Green Limited Edition」の2色展開。Blackのケーブルには、低摩擦で絡まりにくい編組被膜を施しています。

どちらのカラーにも、3種類(S/M/Lサイズ)のイヤーピースと、外出時でも持ち運びしやすくなる専用キャリーケースが付属します。

スペック

  • 製品名: Razer Hammerhead Duo Console
  • 読み方: レイザー ハンマーヘッド デュオ コンソール
  • 型番: RZ12-03030300-R3M1(Razer Green Limited Edition)、RZ12-03030200-R3M1(Black)
  • カラー: Razer Green Limited Edition、Black
  • 発売日: 2020/1/31
  • 税抜希望小売価格: 8,000円
  • 税込希望小売価格: 8,800円
  • カテゴリー: カナル型ヘッドセット
  • 重量: 17g
  • ケーブル長: 1.2m
  • ヘッドセットタイプ: カナル型
  • 周波数特性: 20Hz – 20kHz
  • インピーダンス: 32Ω±15%
  • 感度: 112±3dB(最大SPL)
  • 入力電力: 10mW/20mW
  • ドライバータイプ: ハイブリッド型(バランスド・アーマチュア&ダイナミック)
  • マイク感度: -40±3dB
  • マイク: SN比58dB以上
  • マイク周波数帯域: 100Hz – 10kHz
  • マイク指向性: 無指向性
  • 操作: マイクミュートの有効化/無効化
  • バックライト: なし
  • ソフトウェア: なし
  • 対応機種: 3.5mm(4極)アナログヘッドセット端子または3.5mm(3極)アナログヘッドフォン端子搭載のスマートフォン、ゲーム機、パソコンなどのデバイス
  • 接続方式: 3.5mm(4極)ステレオミニ
  • 保証期間: 24カ月
  • 付属品: ・2種類の異なるサイズ(S/L)の追加シリコンチップ(本体にはMサイズが装着状態で出荷)・携帯性に優れた専用キャリーケース
  • 備考: ハイブリッドドライバー(ダイナミック型+BA型)採用、アルミ製フレーム採用/高耐久編組ケーブル採用、インラインリモコン&マイク搭載
  • 製造国: 中国

「Razer Huntsman Elite JP – Linear Optical Switch」

Huntsman Elite JP – Linear Optical Switchは、人気ゲーミングキーボード「Huntsman Elite」を日本語化したモデルとなっておりUSレイアウトながら、その高い性能から日本でも多くのゲーマーに好評の「Huntsman Elite Linear」の日本語レイアウト版です。

新型キースイッチ「Razer リニアオプティカルスイッチ」を搭載し、キーストロークに瞬時に反応する高速性能を実現しました。

Razer リニアオプティカルスイッチは、赤外線をキーのプレス・リリース動作検知に使用するオプティカル(光学式)スイッチです。通常のメカニカルスイッチでは避けられないバウンシングによる誤入力(チャタリング)回避の処理を必要とせず、遅延のない高速なキー入力を可能としています。

スイッチの打鍵感は、クリック感がなく、キーを押し込むほど荷重を要するリニアな触感。アクチュエーションポイントは従来のリニアメカニカルスイッチより16.67%短い1.0mm、押下圧は40gで、浅く軽めな入力も取りこぼしなく正確に作動します。また、Razer リニアオプティカルスイッチは、耐久性の向上にも貢献。物理的接触の少ない光学式メカニズムの採用により、最大1億回ものキーストロークにも耐える長寿命化を達成しました。

本体右上には、画面の明るさや音声のボリュームを瞬時に操作できるマルチファンクションデジタルダイヤルと、任意のアプリケーションを設定できる3つのタクタイルメディアキーを備えます。PCソフト「Synapse 3」と連携することで、割り当てるアプリケーションなどを自由に設定できます。また、マクロやショートカットをカスタマイズしたプロファイルを、オンボードメモリおよびクラウド上の両方に保存できるハイブリッドストレージにも対応。最大5つのプロファイルを保存でき、使用する環境が変わってもカスタマイズした状態でのキーボード操作が可能です。

Razerデバイスでおなじみのライティングシステム「Razer Chroma」にも、もちろん対応。カスタマイズ可能なライティングゾーンを38箇所備え、約1,680万色のライティングを設定できます。PCソフト「Chroma Studio」と連携することで、人気ゲームにシンクロしたイルミネーションを楽しんだり、攻撃を受けたときに点滅させたりできるほか、自身の好みに合わせた発光エフェクトを設定することも可能です。

Huntsman Elite JP – Linear Optical Switchには、Razer Chroma対応のリストレストを付属(ライティングゾーンは24箇所)。内蔵マグネットでキーボードに取り付けることで、リストレストをも一体としたライティングを楽しめます。

スペック

  • 製品名: Razer Huntsman Elite JP- Linear Optical Switch
  • 読み方: レイザー ハンツマン エリートジェイピーリニア オプティカル スイッチ
  • 型番: RZ03-01871200-R3J1
  • カラー: ブラック
  • 発売日: 2020/1/31
  • 税抜希望小売価格: 27,091円
  • 税込希望小売価格: 29,800円
  • カテゴリー: ゲーミングキーボード
  • 概算サイズ(L×W×H): 140×448×36.5mm(キーボード本体)230×448×36.5mm(リストレスト装着時)
  • 概算重量: 1706.5g
  • ケーブル長: 約2m
  • レイアウト: 日本語レイアウト
  • キーピッチ: 1.9mm
  • 押下圧: 40g
  • アクチュエーションポイント: 1mm
  • リセットポイント: 1mm
  • キーストローク: 3.5mm
  • キースイッチ方式: Razer リニアオプティカルスイッチ
  • アンチゴースト機能: 対応
  • 最大同時押しキー数: 10
  • ゲーミングモード: 搭載
  • バックライト: 搭載(Razer Chroma対応、アンダーグロー含む)
  • オンボードメモリ: ハイブリッド対応(オンボード&クラウド)
  • マルチファンクションダイヤル・ボタン: あり
  • リストレスト: あり(アンダーグローイルミネーション搭載)
  • 対応OS: Windows 7 x64 以降
  • 接続方式: USB×2(1本でもキーボードのみとしては動作します)
  • 保証期間: 24カ月