【Amazonブラックフライデー2020】配信機材、ゲーミング機器などまとめ(12月1日まで)

【SHURE MV7 レビュー】実況や配信に最適化されたUSBとXLR接続対応な軽量ダイナミックマイク

SHURE(シュア)から2020年11月2日、待望のダイナミックマイク「MV7」が発売。

SHUREマイクといえばSM58(通称ゴッパチ)やマイケル・ジャクソンのアルバム「スリラー」に使用されたSM7Bがすでに有名で、実況や配信で利用されているシーンを多くみかけます。

発売された「MV7」はSM7Bにインスパイアされ設計されたモデルで、コンパクトで軽量。ライブストリーミングに最適化されたマイクになります。

さらにUSB接続とXLR接続どちらも対応PC、Macでも使用可能です!

今回SHURE様より実機をご提供いただきましたので早速レビューしていきたいと思います。

メリット
  • オーディオインターフェースなしでも利用可能
  • ダイナミックマイクでノイズが少ない
  • PC、Mac両対応
  • USB、XLR接続両対応
  • 軽量、コンパクト

MV7特徴

特徴
  • 軽量、コンパクト設計
  • ダイナミックマイク
  • USB、XLR両接続対応
  • 専用アプリでサウンドカスタマイズ
  • オートレベルモード

XLR接続も、USB接続も可能なのでオーディオインターフェイスなしでコンピュータに直接接続できます。

USB接続時には無料の専用デスクトップアプリ「ShurePlus™ MOTIV」で追加機能が利用できボーカルトーンやレベルを調整も可能。

MV7開封

パッケージ

内容物

NV7内容物
  1. MV7マイク本体
  2. クイックスタートガイドなど
  3. 保証に関する書類
  4. USBタイプ(USB A-MicroB)
  5. USBケーブル(USB A – USB C)
  6. 5/8-3/8変換ネジ

同梱されている付属品には、USB-CのケーブルとUSB-Aのケーブルが付属。MacBookのように接続端子がUSB-Cでもすぐにでも利用できるのは有難い!

変換ネジも入っているのでマイクスタンドでもマイクブームでもどちらでも大丈夫です。

マイク部分にはウィンドスクリーンがついています。外して使うことはないと思いますが中はこんな感じ!

単一指向性のダイナミックマイクとなっています!

左右には「SHURE」の文字が印字されていて、長さは本体部分で15.5cmほどです。

底面には「XLR端子」と「USB端子」が配置されています。(XLRとUSB両方同時に接続することも可能)

ヘッドホン(もしくはイヤホン)を接続すればPC音とマイク音をモニターできます。(デスクトップアプリもしくはマイクのタッチパネルでPCとマイク音量を調整ができます)

マイク本体はタッチパネル部分で出力調整やマイクミュートも簡単におこなうことができハイテク感が漂ってます。

ライブストリーミング中でもサッと手元でミュートにできますね

大きさ比較

こうやってみるとMV7のコンパクトさが一目瞭然ですね!

女性でも設置が容易にできるくらいの大きさです。

サイズ感はこんな感じ!本体のみの長さは約15.5cmほど、スタンド部分もいれると21㎝ほどでした。

念のためマウスも隣に置いてみました。

重量

重量は誤差があるとは思いますが、549g!

SM7Bの時は832gだったので比べるとかなり軽量なのが分かると思います。

【SHURE SM7B レビュー】配信や実況で最高のパフォーマンスを実現するダイナミックマイク

スペック

製品名 MV7
トランスデューサータイプ ダイナミック型(ムービングコイル方式)
指向特性 単一指向性(カーディオイド)
出力インピーダンス 314 Ω
調整可能なゲイン範囲 0 ~ +36dB
周波数特性 20 Hz ~ 20,000 Hz
感度 -55 dBV/Pa (1.78 mV), -47 dBFS/Pa
最大SPL, Digital Output 132 dB SPL
ヘッドホン出力 3.5 mm
ミュート機能
リミッター機能
コンプレッサー機能
使用電源 USBまたはLightningケーブルにより電源供給
取り付けタイプ 5/8-27スレッドマウント
本体重量 0.55 kg (1.21 lb)

システム要件

対応デバイス システム要件および互換性
Mac MacOS 10.13~10.15
64ビット
最小2 GBのRAM
最小500 MBのハードディスク容量
Windows Windows 10
64ビット
最小2 GBのRAM
最小500 MBのハードディスク容量
iOS iOS:iOS 12以上
iPhone:iPhone 6以上
iPod Touch:第6世代
※注:iPad Pro(USB-C)はサポートされていません。
Android 以下を備えているすべてのAndroid機器で作動します。
Android Oreo 8.0以上
USBホストパワーであること ≥100 mA
USB Audio Class 1.1以降対応

デスクトップアプリ「ShurePlus MOTIV」画面の見方

USB接続した場合は専用デスクトップアプリ「ShurePlus MOTIV」で細かな設定が可能です。

アプリでは大きく「自動」と「マニュアル」設定が可能。

デスクトップアプリのリンクは以下

https://www.shure.com/ja-JP/products/software/shure_plus_motiv_desktop

【SHURE(シュア)】専用デスクトップアプリ「ShurePlus MOTIV」インストール方法と日本語化

自動

マイクの位置を「ニア(近距離モード)」「ファー(遠距離モード)」に選択するだけで音量が一定に保たれます。

またトーンで「暗い」「ナチュラル」「明るい」と音質を変化させることができます(※劇的な変化ではなく、多少の変化って感じでした。)

マニュアル

マニュアルではより細かくマイクのゲイン調整やイコライザー設定、リミッター、コンプレッサー設定が可能です。

モニターミックス設定はMV7本体にイヤホンやヘッドホンを接続した時に影響します。PC側に全振りするとイヤホンからはPCからのメディア音のみとなります。

イコライザー設定(画像:EQの項目)は以下4つの設定できます。ユーザーの使う環境によって調整できます。

  • フラット
  • ハイパス
  • プレゼンスブースト
  • ハイパス&プレゼンスブースト

感想

MV7はSM58やSM7Bよりも音声の明瞭さを感じました。(SM7Bの方がローエンドが強調されたサウンドが特徴です。)

ミッドレンジの周波数が強く、ポッドキャスティングや歌などに最適化されているのでMV7はよりライブストリーミングや実況向けという印象。

小さく、軽く、USB接続対応なので利便性が高いのでノートPCだけでも簡単に高音質で配信や動画の収録をおこなえるメリットがあります。

SM7Bよりも安い価格帯なのも有難い!

音声アプリケーションで使用するのであればMV7はかなりオススメです。ぜひ参考にしてみてください。

【SHURE SM7B レビュー】配信や実況で最高のパフォーマンスを実現するダイナミックマイク