【Amazonブラックフライデー2020】配信機材、ゲーミング機器などまとめ(12月1日まで)

【HyperX】PS4でも7.1ch対応の独自WavesNxヘッドトラッキング搭載ゲーミングヘッドセット『Cloud Orbit』と『Cloud Orbit S』を発売

Kingston Technologyのゲーミング部門であるHyperXは2019年9月12日 、本日の東京ゲームショウで、Cloud OrbitおよびCloud Orbit Sゲーミングヘッドセットの発売開始を発表。

Waves Nxヘッドトラッキングテクノロジー搭載で定位置の把握に優れ、数少ないPS4でも7.1ch可能なヘッドホンとなっている。

『Cloud Orbit』『Cloud Orbit S』

出典:HyperX

特徴
  • Audeze™ 平面磁界ドライバー
  • Waves Nx™ 完全没入型3Dオーディオ
  • Waves Nx™ ヘッドトラッキングテクノロジー(Cloud OrbitSのみ)
  • 先進のカスタムオーディオ
  • ポップフィルター付き取り外し可能なノイズキャンセリングマイク
  • 3つの取り外し可能なケーブルオプション
  • オーディオとマイクのオンボード制御
  • マルチデバイス対応
  • マイクミュートもワンタッチ

『Cloud Orbit』と『Cloud OrbitS』の違いはWaves Nx ヘッドトラッキングテクノロジーの搭載有無となっている。

MEMO
Cloud Orbit Sだけで使用できるヘッドトラッキングテクノロジーは、毎秒1000回近く頭の動きを細やかに追跡し、ゲーム中のオーディオ環境を安定させ、正確に音像定位を特定する完全な没入感を実現します。

『Cloud Orbit』と『Cloud OrbitS』双方とも100mm AudezeTMプラナーマグネティックドライバーを採用し、Waves NxTM 3Dオーディオを提供。

HyperX Cloud Orbitは、AudezeTM 平面磁界ドライバーとWaves NxTM 3Dオーディオテクノロジーにより高音質に没入する別次元を体験できます。

3Dオーディオテクノロジーが3Dサウンド空間を作り出し、Cloud Orbitは超正確な音像定位とポジショニングによるリアルなオーディオ体験を実現できます。

ヘッドセットには3つの取り外し可能なケーブルオプションがあり、PC、Xbox One1、PS4、モバイル機器のどれでゲームをしても、完全没入型3Dオーディオを備えた夢のようなセットアップを完成できます。

出典:HyperX

左イヤーカップに便利な制御機能があり、3Dオーディオ設定とEQプロファイルの変更、音量の調整、マイクのミュートができます。

出典:HyperX

Cloud Orbit(HX-HSCO-GM/WW):https://amzn.to/2UQDbkh

Cloud Orbit S(HX-HSCOS-GM/WW):https://amzn.to/2UQDiMJ

スペック

ヘッドホン

ドライバー 平面トランスデューサー、100mm
タイプ サーカムオーラル、密閉型
周波数応答 10Hz~50,000Hz
音圧レベル >120 dB超
T.H.D. 0.1%未満 (1kHz、1 mW時)
モード 3Dオーディオ
モード 3Dオーディオ、ヘッドトラッキング2
重量 368g
ケーブルの長さ USB Type C – USB Type Aケーブル:3m
USB Type C – USB Type Cケーブル:1.5m
3.5mmプラグ(4極):1.2m

マイク

方式 エレクトレットコンデンサーマイク
極性パターン 単一指向性
バッテリーの駆動時間4 アナログ3.5mmモード: 10時間

HyperX Cloud OrbitとCloud Orbit Sはどちらも、Amazon Japanでプレオーダー受付中となっており。希望小売価格はそれぞれ¥35,680、¥39,800。

Amazon.co.jpページ

Cloud Orbit(HX-HSCO-GM/WW):https://amzn.to/2UQDbkh

Cloud Orbit S(HX-HSCOS-GM/WW):https://amzn.to/2UQDiMJ