Amazonギフト券5000円で1000円分がついてくるキャンペーンが6/21まで

手持ちの一眼レフやGoProが配信用カメラになるエルガトCamLink(カムリンク)の使い方

ご存知の方も多いかもしれませんが現在顔出し実況をされている方や、これから考えている方にはお勧めなのがElgatoのCamLinkです。

どのようなものかというと、

手持ちの一眼レフやGoProなど高画質なカメラをHDMIケーブルとつなぐだけで配信用ウェブカメラにすることができるというものです!簡単です。

一般的なロジクールのウェブカメラも充分映りはきれいですが、やはりデジカメやGoProの画質にはかないません。持っているなら絶対CamLinkです!映りが段違いです!

※WindowsとMac両方対応しているのもメリットです!

特徴(Windows&Mac両方対応)

お使いのカメラがWebカメラに変わる

1080p60、または 4K で最大 30フレーム毎秒の高品質かつ、お気に入りのプラットフォームで瞬時に起動でき、お使いのカメラがウェブカメラとして認識されます。

PC または Mac に簡単に接続できます。

録画はPCへ保存される

録画した場合もPCへ保存されるのでカメラ付属のメモリがいっぱいになる心配がありません。

すごいコンパクト

内容物

  • CamLink4K
  • USB3.0延長ケーブル
  • クイックスタートガイド

システム要件

OS Mac Sieraa 10.12/Windows10
入力 HDMI
CPU intel i5 第4世代(i5-4xxx または同等)
USB 3.xポート

対応アプリ

  • OBS
  • StreamLabs
  • OBSLIVE
  • Skype
  • Quick Time
  • Xsplit
  • などなど

CamLink(カムリンク)使い方

①カメラとCamLinkをHDMIで接続します※カメラとつなぐHDMIケーブルは付属してないので別途準備が必要

②付属のUSBをCamLinkのUSB部分に接続します。(直接CamLinkをPCに接続するとグラつきなどの原因になるため付属USBを使うようにしましょう)

③USBをPCとつなぐ

それだけです、以上です。かなりシンプルです!

最後に

自分はGoProと一眼レフがあるのでウェブカメラではなくCamLinkを使用しています。(あまり顔出ししてませんがw)

エルガトさんはこのほかにも手元のボタンで効果音を流したりシーンを変えるStreamDeckやキャプチャボードなど配信特化した機材が目白押しです。

特に一眼レフとGoProを持っている人であればこれはお勧めです!