【Sound Blaster G3 レビュー&設定】1万円以下でスマホ操作可能な高コスパヘッドホンアンプ

【ASUS RT-AX92U レビュー&設定】安い速いコンパクト全てが揃ったトライバンド・Wi-Fi6対応無線ルーター

どうもワタ(@jp_streamer)です

このたびASUS様より「RT-AX92U」をご提供いただきましたので早速レビューしていきたいと思います。

ひよこ
ゲーミングWi-Fi無線ルーター欲しいけど、どれも高そうだなー。
くま
それなら「RT-AX92U」がいいよ。Amazonで現時点2万3千円ほどで購入できてASUS製品だからオススメだよ
ひよこ
安いと機能があんまりないのかな?
くま
それがトライバンド(3帯域)対応・次世代Wi-Fi 6で最大4804Mbps通信できる。しかも超コンパクト
ひよこ
詳しく聞かせろください!

今回紹介するASUSの製品「RT-AX92U」は2019年12月6日に国内発売された商品で一番の特徴は超コンパクトでゲーミングルーターにしては購入しやすい価格帯!

さらにトライバンド(3帯域)・次世代Wi-Fi 6(無線LAN規格802.11ax)対応。そしてASUSのQoS機能『Adaptive QoS』で有線および無線両方の接続でインバウンドとアウトバウンドの帯域を最適化。ゲーム用の「wtfast」通信でタイムラグを減らすことも可能というゲーミングWi-Fiルーターならではの機能も満載です。

「RT-AX92U 開封&内容物

内容物

内容物
  1. RT-AX92U本体
  2. 電源アダプター
  3. イーサネット(LAN)ケーブル
  4. クイックスタートガイド
  5. 保証書など

外部アンテナを伸ばすと…カッコイイ!

前面のランプは左から

  • 5G2
  • 5G1
  • 2.4G
  • LAN
  • WAN
  • POWER

超コンパクト

超コンパクトでiPhone6Sを横に並べてみたんですがこのサイズ感、コンパクト感が一目瞭然です。

インターフェース

背面にはLANポートが4つ、WANポートが1つ、電源ボタン、リセットボタン。

もちろん全ポートギガビット対応です!

側面はUSB 3.1が1つ、USB 2.0が1つとWPSボタン

側面

RT-AX92U 特徴

特徴
  • 超コンパクトで高速通信
  • 次世代の無線LAN規格802.11ax(次世代Wi-Fi 6)に対応
  • トライバンド対応なので2系統の5GHz帯(5GH-1 802.11ac/5GHz-2 802.11ax)利用可能
  • 複数のWi-Fiルーターを繋ぎ合わせ、広い通信範囲を提供するメッシュネットワークシステムAiMesh対応
  • トレンドマイクロのセキュリティ技術「AiProtection」による家庭内のネットワークの保護、お子様の危険なウェブサイトへのアクセスを「ペアレンタルコントロール」で遮断
  • Adaptive QoSでゲーミング優先

トライバンド対応

トライバンド(3つの周波数帯)対応モデル。

『2.4GHz帯が1つ』と『5.0GHz帯が2つ』と従来のデュアルバンドより帯域が多く利用可能

帯域が3つ使用できるため接続デバイスが多数あるときにも重宝します。

Adaptive QoS:ゲーミング優先

RT-AX92Uには『Adaptive QoS』という独自のQoS(クオリティ・オブ・サービス)機能があります。

接続デバイスの優先度を設定することで、ASUS独自に開発されたゲーマー・プライベート・ネットワーク(GPN)で最適な通信経路を確保し、ゲームのラグを最小限に抑えることができます。

ゲーマーも嬉しい機能ですが、動画視聴にも使えそうなありがたい機能です。

メッシュWi-Fi:ASUS AiMeshテクノロジー

メッシュWi-Fiとは複数のASUS Wi-Fiルーターを繋ぎ合わせて家庭内の隅々までWi-Fiネットワークを構築して、最適な電波を提供する最新機能。

ASUSではこれまた独自のAiMeshテクノロジーで、ネットワーク内に異なるモデルのASUSルーターを混在させることができる(通常はルーターの規格など同じじゃないといけないのでセット売りが多いですので、すでにお持ちのASUS Wi-Fiルーターを利用できます。

シームレスなローミング技術によって、ネットワークを切り替える必要もありません。メインルーターでSSIDとパスワードを設定すればあとは自動で最適なルーターに切り替わります。

ねこ
画期的すぎる。。

IPV6は使えるのか?

IPV6は利用できます(※ただしIPV6プラスは利用できないです。)

一部オンラインゲームや家庭用ゲーム機は、v6プラスを利用できない機器があるため特に問題ないでしょう。

例えばNintendo SwitchやPlayStation4では公式にIPv6に対応していません。(Xbox OneはIPv6に完全対応しています)そのためIPV6プラスでオンラインゲームに参加すると仲間が誰もいないということもあります。(著者の体験談)

ASUS WiFi 6 (802.11ax) 4804+867+400Mbps トライバンド・ax両対応 Wi-Fi 無線ルーター RT-AX92U (利用目安環境 最大72台/3階建・4LDK)
ASUSTek

接続と使い方や設定方法

準備:接続

STEP.1
モデムとWi-Fiルーターを接続する

一度モデムもしくはCTUやONUの電源を切り

付属のLANケーブルでモデムもしくはCTUやONUをWi-Fi無線ルーター親機の「WAN(INTERNET)」ポート(差込口)へ接続します。

※モデムもしくはCTUやONUとはプロバイダーから貸出されている箱型の機器です。

STEP.2
Wi-Fi無線ルーターの電源を入れる

モデムの電源をいれ正常に接続出来たら、Wi-Fi無線ルーター(ASUS)の電源を入れます。

STEP.3
完了

LEDランプをチェックし完了。

設定

STEP.1
ブラウザから設定

Wi-Fi無線ルーター(ASUS)とPCつなげ、ブラウザを起動しASUS設定ページの「はじめる」をクリック

(http://router.asus.com)

STEP.2
個別に設定

ネットワーク名(SSID)とパスワードを任意で決めることができます(※ルーター裏のシールに記載されているものを、そのまま入力してもOK)

せっかくなので例として2.4GHzと5GHzを個別に設定できます。

STEP.3
ネットワーク名とパスワード決める

2.4GHzと5GHzを2つ自分がわかりやすいネットワーク名(SSID)に決め、「適用」をクリック

パスワードは3つ同じでも構いません。

(ここで決めたネットワーク名とパスワードが、スマホなどでWi-Fiに接続するときに必要になります。)

STEP.3
ファームウェア更新

ファームウェアの更新がある場合は更新しておきましょう。更新してしばらくすると自動でログイン画面になります。

STEP.3
ログインして完了

自分でログイン名とパスワードを決めてログインし完了です。(決めたユーザー名とパスワードは忘れないようにしましょう)

スマホからWi-Fi接続

STEP.1
スマホのWI-FI設定画面から接続

スマホのWi-Fi設定画面に、自分で決めた2.5GHzと5GHz2つのネットワーク名がでるので選択してパスワード入力すれば完了です。

速度計測

速度を計測してみました今回『Fast.com』で計測。(計測時間:朝)

MEMO

Fast.comはNetflixが提供する無料のスピード測定サイト。

画面に中央が下り(ダウンロード)、右下が上り(アップロード)、左レイテンシー(遅延)を測定できます。

アプリを使用することなく測定できるのでおすすめです。

通常100Mbps以上でていれば速度は速いといえますがどうなるでしょうか・・

PC結果(有線接続)

下りも上りも問題ない数値がでています。

スマホ(Wi-Fi接続)

スマホから5GHz-2に接続して計ってみた結果がこちら

下り120Mbps、上り140Mbps。かなりいいです!

MEMO

ちなみにLANケーブルも送受信できるデータ量が異なるためFPSなどのゲームではCAT7以上がおすすめです。

著者のネット環境

補足情報ですが著者はNURO光で契約しております。

  • 最大2GMbps対応の光回線。
  • 超高速下り最大2Gbpsで現状国内最高クラスの速度
  • プロバイダ料金・回線使用料・高速無線LAN・セキュリティサービスが全てコミコミで月額4,743円(税抜)
  • 様々なキャンペーンをその都度おこなっております。

ゲームやデータ送受信ならNUROだね

 

スペック

CPU コア数は同時Wi-Fiデバイスの処理に関係し、LANポート数は有線接続のみ対応機器で使用するが、ゲーミングPCは基本有線LANで接続することをお勧めします。

製品名 RT-AX92U
CPU デュアルコア、1.8GHz
メモリ 512 MBメインメモリ
256 MBフラッシュメモリ
Wi-Fi対応規格 IEEE 802.11ax/ac/n/a/g/b
対応周波数 2.4G Hz / 5 GHz-1 / 5 GHz-2
最大速度(5GHz-1) 867Mbps
最大速度(5GHz-2) 4804Mbps(11ac時4333Mbps)
最大速度(2.4GHz) 400Mbps
チャネル(5GH-1) W52/W53
チャネル(5GH-2) W56
チャネル(2.4GHz) 1~13
セキュリティ機能 WPA-PSK
WPA2-PSK
WPA-Enterprise
WPA2-Enterprise
WPS
ストリーム数 4
アンテナ 2.4 GHz (2 x 2)
5 GHz-1 (2 x 2)
5 GHz-2 (4 x 4)
搭載ポート Gigabit WAN×1
Gigabit LAN×4
USB 3.1 Gen×1
USB 2.0×1
質量 651 g
サイズ(幅×高さ×奥行) 155×52.6×155mm
対応OS Windows® 10 64-bit
Windows® 8.1
Windows® 8
Windows® 7
Mac OS X 10.7
Mac OS X 10.6
Mac OS X 10.5
Linux
電源仕様 対応入力電圧:100V~240V(50~60Hz)
ACアダプター出力:19 V(最大1.75 A)

感想

「RT-AX92U」はコンパクトで購入しやすい価格帯、なおかつトライバンドとWi-Fi6対応なので、初めてゲーミングルーターを購入する方はもちろん。

コンパクトなので一人暮らしでもスペースを取らないですし、トライバンドなので複数デバイスを接続する可能性があるご家庭にもいいですね

オンラインゲーム時には、回線で重要視される「速度」と「Ping値(サーバとの応答速度)」というものがあります。これをいかに改善できるかがゲーム結果へつながる事も知られています。

ASUSならではの『Adaptive QoS』という独自のQoS(クオリティ・オブ・サービス)機能でデータ通信を最適化もワンクリックでできるのも魅力的です。

メッシュWi-Fi対応製品なので他のASUS製品と一緒に使えて、電波の届きにくい場所に増設が可能となります。その場合SSIDやパスワードを切り替えなくてもシームレスに自動で最適なルーターに接続されるというメリットがあります。

その時もこのコンパクト感が活きてくると思います。

ぜひ参考にしてみてください

ASUS WiFi 6 (802.11ax) 4804+867+400Mbps トライバンド・ax両対応 Wi-Fi 無線ルーター RT-AX92U (利用目安環境 最大72台/3階建・4LDK)
ASUSTek