【フォートナイト】シンギュラリティのシークレットスキン場所公開!隠しヘルメット全5箇所解説マップ付き

ゲームにはUSキーボード(英語配列)がオススメな理由と設定方法

PCでゲームをするとき、キーボードにはUS配列(英語配列)とJIS配列(日本語配列)がありますが皆さんはどちらをお使いでしょうか?

僕はオススメするのはUS配列です。

おすすめする理由がいくつかあるので記事にさせていただきました。

ぜひ参考にしていただければと思います。

かな/英数設定を更新

半角/全角キーの誤爆がなくなる

フルスクリーンのゲームをプレイ中に謝って「半角/全角キー」を押してしまうと文字入力モードになり操作不能になることがありますよね?

それがUS配列だと起こらないので快適です。

 

CAPSキーがキーバインドで割り当て可能になる

あまり知られてないですがJIS配列(日本語配列)だとゲーム内で「CAPSキー」へキー割り当てができないですがUS配列(英語配列)にすることで可能となるんです。

これはフォートナイトやたくさんキーを使うMMOゲームなどでは重要な要素といえますよね。

キーのサイズや形状が異なり押しやすくなる

「スペースキー」:英語キーボードの方が長く押しやすい

「シフトキー」:英語配列の方が長い

※コンパクト設計の場合は小さい場合があります。

「エンターキー」:英語配列のほうが日本語配列より1つキーが小指に近く配置されてるため押しやすく、文字入力するブログなども書きやすいといわれています。

WindowsのUS配列設定をしておきましょう

US配列なのですがWindowsの設定をしておけば全く問題ありません

①デスクトップのスタートボタンを押し、歯車マークをクリック

②「設定」画面が開くので「時刻と言語」をクリックする

③画面が開くので、項目の「言語(もしくは地域と言語)」をクリック>「日本語」をクリックし「オプション」をクリック。

④「ハードウェア キーボード レイアウト」の「レイアウトを変更する」をクリックする

⑤現在設定中の「日本語キーボード(106/109 キー)」をクリックし「英語キーボード(101/102キー)」を選択変更しサインアウトもしくはOKを押して再起動で完了です。

かな変換切替キーの割り当てを「Ctrl+スペースキー」にWin側で設定変更する

かな変換はUS配列の場合、「Alt」+「~」で可能です。

しかしDuckyOne2miniのようにキーボードの仕様上「~」をFnキーを押しながらになるので「Ctrl+スペースキー」に設定しておくと便利です。

今回はCtrl+スペースキーでかな切替できるようにしてみます。

①タスクバーに隠れているIME「あ」か「A」って表示されている場所を右クリックして、【プロパティ】を選択

②詳細設定(A)を押下します

③ここで、全般タブの「編集操作」の「変更(D)」を押します。

④下記の画面が表示されたら、【Ctrl + Space】の行を探します。探した行の、左から2列目を選択します。選択したら、「変更(M)」を押します。

 

⑤下記の画面が起動します。いっぱい並んでいますが、IME-オン/オフを選択して、「OK」を押します。

⑥あとは、開いている画面を「OK」で閉じていけば完了です。

これで文章やブログ、ブラウザ利用する時でも支障なく使うことが可能になります。

まとめ

意外と知られていないですがこのようにUS配列にすることで受けられる恩恵がかなりあり、今ではUS配列(英語配列)を好んで使うようにしています。

どちらにするか悩まれてる方の参考に記事にさせていただきました。