毎日20時頃記事更新中!リーク情報!ジョンウィック限定チャレンジ公開

ゲーミングキーボードは赤軸を選ぶべき理由!通常キーボードとの違いまとめ

今回はゲーミングキーボードを購入する際に知っておきたい基本的で一番重要な事をお伝えします。

もしかするとすでにご存知の方もいらっしゃると思いますのでその時はサラッと読みながしていただければと思います。

PCゲームではキーボードによる操作が中心となりマウスパッドやマウス同様キーボードも自分のスキル以外で改善見込める部分です。

自分が購入する時に事前に知っておきたかった事や、知っておくことでキーボード選択がしやすくなる内容をまとめてみましたのでぜひ活用してみてください。

ゲーミングキーボードと普通のキーボードの違い

これ気になりませんか?

なにがどう違うのか、普通のキーボードじゃダメなのか?

大きなポイントを4つほどまとめてみました。

①「Nキーロールオーバー機能」による「複数のボタン同時押し対応」

通常のキーボードだと3つ以上は同時押ししても反応しないんです。つまり2つまでしか同時押しに対応してないのに対し、ゲーミングキーボードは基本「Nキーロールオーバー機能」というものがついており複数同時押ししても全てのキーが反応する仕組みとなってます。

ひよこ

そんなにキー押すことある?

そんなにキーを同時押すか?と思った人もいらっしゃるかもしれませんが、押します!

特にFPSやTPSでは「WASD」をつかって移動しますが、急いでいる時や移動しながら武器を使うときもありますよね?つまり...押します!w

②メカニカルキーボードによって軸の選択可能

詳しくは後述しますが、ゲーミングキーボードはメカニカルキーボードがほとんどです。

メカニカルキーボードとは簡単にいうとキーの一つ一つが軸と呼ばれる独立したボタンになっているというところです。

③テンキーレスでマウス捌きが楽になる

テンキーというのは右側にある「数字キー」の部分です。これゲームではあまり必要ないんです。そのためテンキーなしのキーボード(テンキーレス)が選べるようになっていることが多く、テンキーがないことでマウス捌きが格段に飛躍します。

プロプレイヤーの方々もよく見るとテンキーレスですよね

④マクロキー

これもゲーミングキーボードについてるものもありますが、あまりお勧めはしません。というかマクロキーはアンチチートによりはじかれる可能性もあるため使わないほうがいいでしょう。

通常とゲーミングキーボードの違いまとめ
  • 「Nキーロールオーバー機能」による「複数のボタン同時押し対応」
  • メカニカルキーボードによって軸の選択可能
  • テンキーレスでマウス捌きが楽になる
  • マクロキー

キーボードの種類「メカニカル」「メンブレン」「パンタグラフ」

「メカニカル式」

ゲーミングキーボードでよく聞くのは「メカニカルキーボード」だと思います。

メカニカルキーボードとは簡単にいうと独立した軸があるキーボタンで作動するように設計されてます。

「メンブレン式」

メンブレンはデスクトップ・パソコンに付属してる安価なキーボードに多く、回路が印刷してあるシートにシリコンボタンがついているものになります。

「パンタグラフ式」

ノートパソコンに使われているキーボードの設計で、メンブレンと同様に回路が印刷されているシートにシリコンボタンがついてます。パンタグラフはメンブレンより薄型なためノートパソコンに使用されてます。

キーボードの種類まとめ
  • メカニカル式
  • メンブレン式
  • パンタグラフ式

軸の違いとゲーム&配信で赤軸がオススメな理由!

今までの話しから軸があるのは「メカニカルキーボード」ということはお分かりいただけたと思います。

ちなみに軸に関しての話しをするとき、通常はメカニカルスイッチの定番「Cherry MXシリーズ」で使われている軸色のことです。

MEMO
Cherryとはドイツ・CHERRY社の製造するメカニカルスイッチ。最近ではロジクールから独自の軸「Romer-G」が開発されましたが比較するときも基本「Cherry MXシリーズ」です。

主な軸「青軸」「茶軸」「赤軸」の比較

軸と言っても「黒軸」「青軸」「茶軸」「赤軸」「銀軸」などありますがおさえておくべき主な軸だけ紹介します。

青軸

3つの軸の中でも、打鍵音(カタカタ音)が結構大きい。キーのクリック感も重いです。
しっかりと入力してる感じがありますが、長時間使用や配信を考えると音が大きいためあまりオススメしません。

茶軸

青軸と赤軸の中間。
適度なクリック音はキーの重みがあるのでゲーム以外での使用にも適しているため幅広い層で使える仕様だと思います。
赤軸に抵抗ある人はこちらでもいいかもしれません。

赤軸

3つの軸の中で、1番キーが軽いです。
クリック感はさほどありませんし、タイピング中の打鍵音(カタカタ音)も小さく静かです。
高速入力が必要な場合でも手が疲れにくいというのも長所なのでゲームだけでなくブロガーさんやプログラミング入力にもよいかもしれません。

まとめ

赤軸は音が小さく、マイクで拾いにくく、高速入力しても疲れない。

という理由からメカニカルキーボードの赤軸がオススメです。

そんな赤軸でFPSやTPSにも適しているキーボードを2つ紹介いたします。

1つ目は僕も使ってるキングストンのAlloyFPS

これについては後ほど記事にする予定ですが一番おすすめです!買うならテンキーレスの赤軸!これ本当によい!問題点はとくにないですが、「英語配列」のみという点が唯一の欠点です。しかしノープロブレム問題ありません。については後ほど記事にします。

次にオススメはコルセアのK70

人気ですが、僕的に2位の理由はテンキーレスではないところ。

逆に人気な理由は「日本語配列」という理由です。というのもキングストンのALLOYFPSはさきほどお伝えしたように「英語配列」のみです。「英語配列」が抵抗ある方はこちらのほうがよいかもしれません。

そのほかにもロジクールのテンキーレスキーボードもあります。

今回の記事でご自身にあうキーボードを見つけるきっかけになればうれしいです。
後ほどイメージ画像入れて記事わかりやすく修正します!