「ロジクールG」アマゾン対象商品10%割引クーポンのお知らせ!7月31日まで

3種類のNintendo スイッチ端末を比較!「有機EL」「Switch」「Switch Lite」おすすめは?

Nintendoは昨日、新しいSwitchモデル「有機ELモデル」を発表。

有機ELモデルが登場し、購入選択肢がひろがりましたが、どれを購入するかも悩みどころです。

有機ELモデルでは、ホワイトのカラー展開や有線LAN端子が搭載されるなどの違いがわかりました。

といっても、移動中に使う頻度が多い場合はLiteが使いやすいかもしれません。

そこでSwitch端末の特徴をじっくりとまとめてみようと思います。

Switch「有機ELモデル」と「Switch」「SwitchLite」スペック比

有機ELモデル 現行Switch Switch Lite
価格(希望小売価格) 37,980円(税込) 32,978円(税込) 21,978円(税込)
プレイモード テレビ、テーブル、携帯 テレビ、テーブル、携帯 携帯
ジョイコン
ドック(テレビに表示)
有線LAN
カラー展開 ホワイト
ネオンブルー・ネオンレッド
ネオンブルー・ネオンレッド
グレー
イエロー
グレー
ターコイズ
コーラル
ブルー
背面スタンド
(液晶本体部分)
フリーストラップ式ワイドスタンド 固定式スタンド
本体保存メモリー 64GB 32GB 32GB
サイズ(縦、横、厚さ) 102mm、242mm、13.9mm 102mm、242mm、13.9mm 91.1mm、208mm、13.9mm
重量 420g 398g 275g
画面サイズ 7.0インチ(有機EL) 6.2インチ(液晶) 5.5インチ(液晶)
バッテリー持続時間(目安) 約4.5-9時間 約4.5-9時間 約3-7時間
HD振動
モーションIRカメラ
ひよこ

スペック比がわかったところで、まず共通の魅力を確認していきたいと思います。

全てのSwitch端末に共通する魅力

  • 遊べるソフトが豊富
  • 小型で持ち運びしやすい
  • テレビやモニターにも映せる(Lite以外)
  • 1つのソフトを複数台で遊べる

遊べるソフトが豊富

発売当初、そこまでなかったゲームソフトのタイトルも最近ではかなりラインナップが増えてきました。

FPSゲームのApexやフォートナイトや、最近人気のAmongUs、ドラクエシリーズ、ゼルダ、ポケモン、マリオなど

そのほかにもスーパーファミコンやファミコンで発売されていたレトロなゲームも1ヵ月306円の『任天堂オンライン』に加入することで遊び放題。

小型で携帯しやすい

Switchはドックから取り外し、持ち運びができるようになっています。

なかでもSwitch Liteは軽量なので一段と気軽に身近なゲーム機として遊べます

テレビやモニターにも映せる

ドックに差し込むとHDMI出力からテレビやモニターに映し出すことが可能になります。(※SwitchLite以外)

家族や友人と遊ぶにも便利。

1つのソフトを複数台で遊べる

ソフトが1つあれば、SwitchとSwitchLiteなど複数端末を所有していても遊ぶことができます。

※ただし、セーブデータは別になるものもあります。

ひよこ
ということで、ここからは3種類を比較していきます

比較:SwitchLite

  • 価格:21,978円(税込)
  • 一番お手頃価格
  • テレビには映せない
  • 豊富なカラー展開

Switch Liteは重量も275gと一番軽く、持ち運びしやすく価格もSwitch端末内で最安値。

欠点:画面サイズ

画面サイズは一番小さく5.5インチほど。大迫力で楽しむことはできないですが、充分楽しめる画面サイズです。

製品 画面サイズ
Switch(有機ELモデル) 7.0インチ
Switch(液晶モデル) 6.2インチ
Switch Lite 5.5インチ

欠点:テレビに映せない

SwitchLiteだけはテレビに映すことができません。

テレビに映せないので、当然キャプチャーを使って配信もできません。(直撮りならいけますが・・)

配信者やテレビに映して遊びたいと考えている人は「Switch」か「Switch(有機ELモデル)」を選んだ方がよさそうです。

ひよこ
配信したいときは、SwitchLite以外がオススメ

重量が一番軽い

重量がSwitch端末の中では断トツ。

持ち運びメインで使うにもピッタリで、ガシガシ使い倒せます。著者は一番使用頻度が高い端末になっています。

製品 重量
Switch(有機ELモデル) 420g
Switch(液晶モデル) 398g
Switch Lite 275g
こんな人におすすめ

  • 価格重視で選びたい
  • 持ち運びで遊ぶ機会が多い
  • テレビに映す必要はない

比較:Switch(液晶)

  • 価格:32,978円(税込)
  • 液晶パネル
  • コスパは最強

価格、重量、画面サイズとSwitch端末内で標準モデル

欠点:有線LAN端末がついていない

有機ELモデルが登場したことで、液晶版Switch端末にないスペックということに。

オンライン対戦は回線速度や通信状況が重要なのでオンライン対戦系が多いプレイヤーは有機ELモデルがオススメ。

コスパがいい

比較表でもわかるように、価格、画面サイズ、重量。すべて中間(2021年現在)。

どれを買えばいいか迷った時は液晶版のSwitchで間違いなさそうです。

こんな人におすすめ

  • コスパ重視
  • テレビにも映したい、配信(動画)も作りたい
  • どれにしようか迷っている

比較:Switch有機ELモデル

  • 価格:37,980円(税込)
  • 値段がそこそこする
  • ホワイトカラーは有機ELだけ

今のところホワイトカラーは有機ELモデルのみ。

欠点:価格がそこそこする

欠点をあげるとするなら、やはり価格面でしょうか。

スペックも高いですが、端末価格も一番高いので、こだわりがなければ液晶モデルのSwitchでいいかもしれません

キレイな液晶

有機ELは、液晶のような画面全体を照らすバックライトではなく、ピクセル一つ一つの有機EL素子が自ら発光します。

そのため黒色がはっきり表現できコントラストが明確になるのが特長。

ひよこ
キレイな映像で楽しみたいなら間違いないね
ねこ
テレビに映したら意味なくね?
ひよこ
…モニター良いやつ買おう

有線LAN端末

直接LANケーブルを挿せるので安定したオンライン対戦が可能。

こんな人におすすめ

  • オンライン対戦ゲーム多め
  • キレイな映像で楽しみたい
  • ホワイトカラーがほしい

Switchスペック比おさらい

有機ELモデル 現行Switch Switch Lite
価格(希望小売価格) 37,980円(税込) 32,978円(税込) 21,978円(税込)
プレイモード テレビ、テーブル、携帯 テレビ、テーブル、携帯 携帯
ジョイコン
ドック(テレビに表示)
有線LAN
カラー展開 ホワイト
ネオンブルー・ネオンレッド
ネオンブルー・ネオンレッド
グレー
イエロー
グレー
ターコイズ
コーラル
ブルー
背面スタンド
(液晶本体部分)
フリーストラップ式ワイドスタンド 固定式スタンド
本体保存メモリー 64GB 32GB 32GB
サイズ(縦、横、厚さ) 102mm、242mm、13.9mm 102mm、242mm、13.9mm 91.1mm、208mm、13.9mm
重量 420g 398g 275g
画面サイズ 7.0インチ(有機EL) 6.2インチ(液晶) 5.5インチ(液晶)
バッテリー持続時間(目安) 約4.5-9時間 約4.5-9時間 約3-7時間
HD振動
モーションIRカメラ

まとめ

もちろん1台だけじゃなく、全部買う!という選択もありだと思います

ぜひ参考にしてみてください