【Logicool G PRO X WIRELESS レビュー】DTS Headphone:X 2.0搭載!ワイヤレス最高峰ヘッドセット

【Netflix】実写ドラマ版『バイオハザード(原作)』がネトフリで制作決定!

credit:twitter/netflix

Netflixは8月27日、カプコンの大ヒットホラーゲームを原作とした実写ドラマ版『バイオハザード(原作)』の制作決定を発表。

ネットフリックスではこれまでにも、2019年「ウィッチャー」や2020年には「ハイスコア:黄金時代」などゲーム関連コンテンツを制作しています。

オリジナルドラマ「ストレンジャーシングス」のキャラクターはDeadbyDaylightやフォートナイトなどでコラボを行って話題となりました。

実写ドラマ版『バイオハザード(原題)』

アンブレラ社が開発したウィルス兵器『T-ウィルス』によってモンスター化した世界を描くサバイバルホラー

オリジナルドラマ版は全8話(各60分)予定。

2002年映画化された「バイオハザードシリーズ」で知られるコンスタンティン・フィルム制作。『スーパーナチュラル』のアンドリュー・ダブが指揮を務める。

2つの時間軸で描く新たなオリジナルストーリー

※以下プレスリリース情報

1つ目の時間軸は、14歳のジェイドとビリーのウェスカー姉妹が、ニューラクーンシティに移り住むところから始まります。この素晴らしい人工企業都市でウェスカー姉妹は青春を謳歌しますが、次第に街の実態に気づき始め、父親が何か隠しているのではないかと疑念を抱くようになります。それが世界を破滅へと導く危険な秘密だとは知らずに…。

2つ目の時間軸は、それから10年以上経った未来の世界。地球上の人類は今や1500万人足らずとなり、T-ウィルスに侵された人間や動物が60億を超える怪物となって地上を埋め尽くしています。この新たな世界で、30歳になったジェイドは生存を賭けて戦う一方、妹、父親、そして彼女自身を取り巻く過去の秘密に苦しめられます。

本作のショーランナー、製作総指揮、脚本を務めるアンドリュー・ダブは次のように語ります。

「バイオハザードは私の一番のお気に入りのゲームです。この壮大な物語の新たな一幕の語り手となれること、そしてバイオハザード史上初のTVシリーズ作品を世界のNetflixメンバーにお届けできることに興奮しています。馴染み深いキャラクターが数多く登場すると同時に、これまで目にしたことのない新たな側面 (残虐で狂気に満ちた側面) を見せる本作は、すべてのバイオハザードのファンにとって、そして初めてバイオハザードに触れる視聴者にとっても最高の作品となるでしょう」

ショーランナー/製作総指揮/脚本: アンドリュー・ダブ (「スーパーナチュラル」)

監督/製作総指揮: ブロンウェン・ヒューズ (「ウォーキング・デッド」「ダン・エルドン 〜運命の旅〜」) が第1話、第2話の監督および製作総指揮を担当

製作総指揮: コンスタンティン・フィルムのロバート・クルツァーとオリヴァー・ベルビン、メアリー・リア・サットン

プロデューサー: コンスタンティン・フィルム最高経営責任者 マルティン・モスコヴィッツ

製作スタジオ: コンスタンティン・フィルム