【Logicool G733 レビュー】側圧軽減!カラバリ豊富なワイヤレス軽量ゲーミングヘッドセット

【マイクロソフト】ベセスダ・ソフトワークスの親会社「ゼニマックス・メディア」買収発表

credit:microsoft

マイクロソフトは現地時間9月21日、 「Fallout」 、 「Wolfenstein」 、 「DOOM」 、 「Dishonored」などの開発会社ベセスダ・ソフトワークスの親会社ZeniMax Media(ゼニマックス・メディア)を75億ドルで買収したことを発表。

これにより「Fallout」など人気ゲームが11月に発売されるXboxの次世代コンソール専用タイトルになるかが注目されます。

注目が集まる今後の展開

ベセスダは今後いくつかのゲームタイトルが「Xbox Game Pass」にも追加されることを発表しました。

「Xbox Game Pass」とは

XboxコンソールやPC向けサブスクリプションサービス

今後「Xbox Game Pass」にも「Fallout」も追加されていく可能性が高くなってきました。

マイクロソフトは将来的にサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」も力をいれており、次世代Xboxの販売前に今回の発表があったのは偶然ではないかもしれない。

現時点でXboxの次世代コンソール国内展開は「Xbox Series X: 49,980円 (税抜参考価格) 」「Xbox Series S: 32,980円 (税抜参考価格)」と間近に迫っています。

今後また新しい情報が入ると思うので、入り次第記事更新いたします。

公式発表ページはこちら

【Xbox】次世代機『Xbox シリーズXとS』の国内展開11月10日!価格も発表。キネクトは未対応