【Valorant (ヴァロラント)】新エージェント「Astra(アストラ)」発表!アビリティ内容

【レビュー】最大24bit/192kHz ハイレゾ再生コンパクトDAC『Sound Blaster PLAY! 4』

クリエイティブメディアより2021年中旬に発売されたハイレゾ対応フィンガーサイズほどのコンパクトDAC『Sound Blaster PLAY! 4』が届いたのでレビューしていきたいと思います。

※イヤホンは別売り

本製品はWindowsとMacで110dB 最大24bit/192kHz再生のハイレゾDACが可能。

そのほか、PS4やPS5、Nintendo Switchといったコンソールでも利用ができ、クリエイティブストア価格:3,380円(税込)と購入しやすい価格帯

特徴

特徴
  • バス ブースト/ダイナミック EQ
  • マイク ミュート ボタン
  • PS5/PS4やNintendo Switchでも利用可能
  • 110dB 最大24bit/192kHz ハイレゾ再生(WindowsPC/Mac)が可能
  • ボイスチャット専用Windows用アプリ『SmartComms Kit』
  • リアルタイムボイスエフェクト(Windowsのみ)
  • ボイスダイレクト機能で発言時だけマイク有効(Windowsのみ)
  • 双方向ノイズキャンセレーション(Windowsのみ)

Windows PCの専用ソフトを使うと背景のノイズを低減する「双方向ノイズ キャンセレーション」「ボイスダイレクト機能」で、発言時だけマイクを有効にすることができるのでマイクマナーに配慮した快適なビデオ会議が行えます。

開封

パッケージ

付属でUSB C-Aの変換アダプターがついてるのはありがたい!

内容物

内容物
  1. 本体
  2. USB C-A  変換アダプター
  3. クイックスタートガイド
  4. 保証書類
「本体と変換アダプター」

マイクミュートボタンが本体にあり、赤い点灯はミュートになります。

EQボタンでは簡単に音質にダイナミックやバスブーストといった効果をつけることができます。

  • 白:ダイナミック
  • 青:バス ブースト
  • 消灯:なし
「大きさ」

iPhone6sとの大きさ比較ですが、かなりコンパクトなのが分かると思います!

本当にフィンガーサイズ!

スマホを使ったボイスチャットでも重宝しそうです。

「スマホ接続」

スマホに接続してEQボタンをおすとSpotifyやNetflixでも音に迫力がでました。

重さ

重量は9g。計測方法によって多少差はあると思いますがだいたいこんな感じ!

Windows専用ソフト「Creative アプリ/スマート コミュニケーション キット」

Windows PC向けCreative アプリ/スマート コミュニケーション キットを利用することで様々な制御ができます。

デバイス

「サウンドモード」

サウンドモードではプリセットでいくつか設定から選択することで最適な音質に合わせることができます。

この辺はサウンドブラスターおなじみですね

Acoustic Engine

Acoustic Engineでは自分の好みの音質に変更することができます。低音(バス)や音のディティールなど細かく設定ができますね。

「Smart Comms kit」

Smart Comms kitで『アドバンスド』をオンにすることで以下が設定できます。

  • ボイスダイレクト機能:発言時以外にミュートしてくれる設定
  • ノイズクリーン:双方向ノイズキャンセラレーションをカスタマイズできます。
「Crystal Voice」

Crystal  Voiceメニューでは音量を一定にしてくれる「SmartVolume」やリアルタイムボイスエフェクト「Voice Morph」をつけることができます。

相手に聞こえる音量が小さく感じた時、この「Smart Volume」をオンにすると解決しました。

「ミキサー」

ミキサーはヘッドホンの音量とレコーディング音量の調整です。

再生

再生のメニューではオーディオクオリティの変更やクリエイティブメディアから発売のヘッドホンを指定することで最適な音質へ変更されます。

レコーディング

レコーディングもマイクの音質を設定できます。

セッティング

セッティングでは主に言語設定やドライバーのバージョンを確認できます。

スペック

製品名 Sound Blaster PLAY! 4
重量 約8.3g
外形寸法 約16×138×82mm
インターフェイス USB Type-C(USB Type-A 変換アダプター付属)
出力 モード1:最大24bit/96kHz(Windows PC/Mac/PS5・PS4/Nintendo Switch)
モード2:最大24bit/192kHz(Windows PC/Mac)
入力 最大24bit/96kHz
入出力端子 ヘッドホン出力/ヘッドセット端子(3.5mmミニ)
コントローラー/インジケータ類 マイク ミュート/ミュート解除ボタン、マイク インジケータ、
EQボタン、EQインジケータ
電源 USBバスパワー 5V

Play!4とPlay!3の違い

変更点は青文字で表示してます、接続形式と内蔵EQなど結構進化してます。

PLAY! 4 PLAY! 3
USB接続 USB-C(専用USB C-A 変換アダプター) USB-A
ソフトウェア Windows PC向け
Creative アプリ/スマート コミュニケーション キット
Windows PC/Mac向け
Sound Blaster コントロール パネル
内蔵EQ あり(バス ブースト/ダイナミック) なし
マイク ミュート ボタン あり なし
接続端子 3.5mm ヘッドセット/ヘッドホン端子 3.5mm ヘッドセット/ヘッドホン端子
3.5mm マイク端子
オーディオ再生品質 最大24bit/192kHz
110dB
最大24bit/96kHz
93dB

感想

コンパクトなフィンガー サイズで軽量ですが、しっかり音質向上したのがわかりました。

Windows PC接続時には専用ソフトを使って細かな設定もでき、ボイスダイレクト機能の自動ミュートがリモート会議で結構使えそうです。

ただクリエイティブメディアはそれぞれの製品で専用ソフトがあるので、どれか1つに統一してくれるとさらに管理がしやすいだろうなというのはあります。

音質はかなりハイレゾ対応だけあって高音質。

さらにPS4やPS5、Switch、そしてスマホと使えるシーンが多いのもGOODです!ちょっといい音質でゲームやボイスチャットを楽しみたいという時にオススメ。

クリエイティブストア価格:3,380円(税込)と比較的購入しやすい価格帯なのもいいです!

さらにしっかりと音質を向上させて使いたいという人には「Sound Blaster G3」や「Sound BlasterX G6」などもオススメです。

【Sound Blaster G3 レビュー&設定】1万円以下でスマホ操作可能な高コスパヘッドホンアンプ 【Sound BlasterX G6 レビュー&設定】ボイスチェンジャーで楽しめる高音質ヘッドホンアンプ