【フォートナイト】12月12日10時より「ミンティーアックス」コード付き再販決定!注意点やコード受け取り方法要チェック!

【ROCCAT】有線・無線両対応ゲーミングマウス「KAIN 200/202 AIMO」と「KONE PURE ULTRA」のホワイトを含む5製品12月12日国内発売

ROCCAT STUDIOS(本社:ドイツ)国内正規代理店の株式会社サイズ(本社:千葉県松戸市)は2019年11月28日、有線・無線両対応の高性能ゲーミングマウス「KAIN 200/202 AIMO」と、「KONE PURE ULTRA」のホワイトモデルを含むゲーミングマウス5製品を発表。

<以下プレスリリース内容>

「KAIN 200/202 AIMO」

credit:Roccat

特徴
  • オリジナルの光学式センサーPixArt PMW3335
  • 2.4GHzワイヤレス・USB有線両対応
  • 1msの高速応答
  • マウスクリック「TITAN Click」機構採用
  • ワイヤレス最大50時間の連続使用可能
  • 8ボタン
  • 重量105g

ブラック「KAIN 200 AIMO」とホワイト「KAIN 202 AIMO」というラインナップ展開。

最大16000dpi対応の光学センサーを搭載、2サイドボタンなどを含め全8ボタンを実装。

「KONE AIMO Remastered」

credit:Roccat

特徴
  • Owl-Eyeオプティカルセンサー
  • 有線
  • 1msの高速応答
  • 12ボタン
  • ハイブリッド対消耗コーティング
  • 重量130g

以前発売された「KONE AIMO」のセンサーを「Owl-Eye」へ変更したリニューアルモデルとなっており、ブラックとホワイトの2色展開。3サイドボタンを含め全12ボタンとなっている。

コーティングにはハイブリッド対消耗コーティングのおかげで握りやすく、高耐久で汚れにも強くなっています。

「KONE PURE ULTRA ホワイト」

credit:Roccat

特徴
  • 16,000dpiのROCCAT Owl-Eyeオプティカルセンサー
  • 軽量66.5g
  • 有線接続
  • 全9ボタン
  • ハイブリッド対消耗コーティング

66グラムという、軽量マウスの一つとなります。

PixArt 3389センサーを基に改良。最新の16,000dpiのROCCAT Owl-Eyeオプティカルセンサーで、超高精度のポインターを体験しましょう。研ぎ澄まされた正確性と驚くほど安定したトラッキング力を発揮します。