【Amazon】新生活セールで「あつまれどうぶつの森」がNintendo Liteとセットでお得に3月30日まで

【Logicool G PRO X ヘッドセット レビュー】リアルタイムマイクエフェクトで楽しめるゲーミングヘッドセット

どうもワタ(@jp_streamer)です

今回、Logicool G様より「PRO X ヘッドセット」をご提供いただきましたので早速レビューしていきたいと思います。

こちらの製品は2019年8月29日に国内発売された、有線接続のヘッドセット。

同日に「PRO ヘッドセット」と「PRO X ヘッドセット」2製品が販売されており、一番の違いは「PRO X ヘッドセット」には付属のUSBサウンドカードがあり、マイク テクノロジーBLUE VO!CEの利用でリアルタイムマイクエフェクトが可能となっています。

ということで今回は『PROX』のほうを紹介させていただきます。

「PRO X ヘッドセット 開封&内容物

パッケージ

内容物

内容物
  1. PRO Xヘッドセット本体
  2. USB外付けサウンドカード
  3. 2mケーブル(インライン音量とミュート コントロール付き)
  4. マイク ポートとヘッドフォン ポートに接続するためのYスプリッタ
  5. ボタン付きモバイルケーブル
  6. キャリングケース
  7. 取扱説明書、保証書、保証規定
  8. 着脱式マイク
  9. 低反発クロス イヤーパッド

持ち運び用のキャリングケースがついているので大会や外へもっていくときに役立ちますね!これは有り難い!!

イヤーカップ底面(L側:左側)にはケーブル差込部分と着脱式マイク取付の場所があります。

マイクには風防がついていて、全体約15センチくらいの長さ。

2mケーブル

2mのケーブルにはマイクミュートコントロールとクリップ、インライン音量コントロールがついています。

MEMO
ヘッドセット接続後、PC側で音を最大にしても聞こえない場合はこのインライン音量が小さくなっていないか確認してみてください。

端子はヘッドホン側が5極ステレオミニプラグ、PCやコンソール側が4極ステレオミニプラグ。音量コントロールが近いほうがヘッドホン側なのですぐわかると思います。

PROXのみ付属品

以下付属品は「PRO X ヘッドセット」のみ付属されていて同日発売された「PROヘッドセット」にはついてないものになります。

USB外付けサウンドカード:PRO Xのみ付属

これを通すことでGHUBを使ってリアルタイムボイスチェンジャーが使えるようになります。

交換用イヤーパッド:Pro Xのみ付属

画像左側が交換用イヤーパッド(低反発クロス)になります。

個人的には交換用イヤーパッド(低反発クロス)めちゃめちゃ良い!個人的な感想になりますが見た目は合成革のほうがスタイリッシュに見えるかもしれませんが、側圧(締め付け)がとても柔らかくなり着け心地が断然交換用イヤーパッド(低反発クロス)のほうがいいかなと感じました。

長時間の使用でも疲れることなく使用できそうです。

モバイル用ケーブル:Pro Xのみ付属

1.5mのモバイル用ケーブルでボタンとマイクがついており、ボタンはスマホに接続することで音声メディアの再生・停止操作に使用できます。

※PC接続時は付属のUSB外付けサウンドカードを通すことでリアルタイムボイスエフェクトでマイクを利用できます。

変換用スプリッター(3極ミニプラグ):Pro Xのみ付属

3極ミニプラグ変更用のスプリッターを使うことで4極から3極へ変更できます。

PRO X ヘッドセット特徴

特徴
  • 素材はアルミニウムとスチールによる軽量デザイン。
  • PRO Xには合皮素材(PUレザー)イヤーパッドに加え、布素材のイヤーパッドも1セット付与。
  • サラウンドテクノロジー DTS Headphone: X2.0によるサラウンドサウンド対応
  • Blueマイク搭載でリアルタイムボイスエフェクト

PROXヘッドセットはUSB外付けサウンドカード(DAC)が透き通るようなクリアなデジタル信号処理を実現し大会に通用するオーディオと音声コミュニケーションでプレイできる環境になります。ゲーミング ソフトウェアLogicool G HUBを使うことでプログラムしたオーディオ設定を大会に持ち込むことが可能です。

インライン オーディオ コントロール付きのPCケーブルとインライン マイク付きのモバイル ケーブルを同梱しておりPRO Xはブーム マイクを取り外して使うことができます。さらに同梱のキャリングケースは、持ち運ぶときにヘッドセットとアクセサリーを保護してくれます。

50 mmドライバーが搭載された次世代のPRO-Gにより、より広い音域でより正確なサウンドで低音域レスポンスの忠実度も改善されています。

スペック

PRO X ヘッドセットのみ付属や機能は「青色」で記載してます。

製品名 PRO X
接続方法 USB,アナログ接続両対応
本体サイズ 195(W)×94(D)×138(H)mm
本体重量 約320g(※ケーブル含まず)
ケーブル長 パソコン ケーブル長:2m,モバイル ケーブル長:1.5m
主な付属品 USBサウンドデバイス
低反発クロスイヤーパッド
ブームマイク
パソコン ケーブル
モバイル ケーブル
マイク ポートとヘッドフォン ポートに接続するためのYスプリッタ
スターターキット、保証書など
ヘッドフォン部
周波数特性 20Hz~22kHz
インピーダンス 35Ω
マグネット ネオジム
スピーカードライバー ハイブリッドメッシュPRO-G 50mm
感度 91.7dB SPL @ 1 mW & 1cm
マイク部
指向性パターン カーディオイド(単一指向性)
周波数特性 100Hz~10kHz
駆動方式 エレクトレット コンデンサー

G633との大きさ比較

ロジクール製品の比較として昔使っていたG633と比較するとイヤーカップ、クッションなどデザイン面でかなり改良されていることがわかります。イヤーカップの大きさも PRO Xのほうが小さく、重量も軽量化しました。スタイリッシュになってます。

GHUB設定方法

マイク

Blueチェックいれることで可能

リアルタイムボイスプリセットから選択可能

音響

各方向、低音を個別に0~11まで音量調整が可能です。

サラウンドサウンドはチェックしておくことで有効になります。

感想

1番の魅力は付属USBサウンドカードを利用することでリアルタイムボイスエフェクトを楽しめる!というところです。

エフェクトはGHUBのプリセット以外にも他のプレイヤーが公開している設定をダウンロード可能なため、それだけでもライブ配信や実況、ボイスチャットなどを楽しくプレイできます。

メリット
  • リアルタイムボイスエフェクトで楽しめる
  • 音声がクリア
  • 高級感漂うデザイン
  • 低音がよく聞こえる
  • GHUBでマイクエフェクトや音量方向別に設定可能
デメリット
  • デフォルトのイヤーパッド(合成革)は若干側圧あり

デフォルトのイヤーパッド(合成皮革)の側圧は眼鏡をかけた状態で使用したところ、若干側圧がありました。

前述したように、交換用イヤーパッド(低反発クロス)を使うとかなり側圧が柔らかくなりかなり変化を感じ個人的には低反発クロスがおすすめ。ヘッドセット自体は軽量なので負担もないです。

側圧が気になるのであれば PROより「低反発クロスイヤーパッド」が付属しているPRO Xがいいかもしれません。

注意点としてはPS4にはUSBサウンドカード接続をしてもサラウンドは無効のようなので、PS4のみで利用するという場合にはPRO ヘッドセットの選択もありかも知れません。

とわいえ、音は低音が一番よく聞こえるため近くの床を走る敵の足音(定位置)が非常にわかりやすかったです。音量はGHUBを使って方向別にボリューム設定が行え低音を小さくすることも可能。

MEMO

はじめてマイク接続時、しっかり奥まで入っていないとGHUBで認識しないという事があったのでもし同じようにGHUBでマイク入力が反応しない場合は一度マイクの差込を確認してみてください。

マイクもBlueボイスオフにした状態でもノイズがほとんどなくかなりクリアな音声!

マイク性能がかなりいいのでリアルタイムボイスエフェクトで楽しみながらボイスチャットや実況、ライブ配信などをプレイしたい人にはぜひおすすめしたい製品です。