【Logicool MX Master 3 レビュー】マルチOS対応!作業効率大幅UPの神ワイヤレスマウス

【ASUS RT-AX3000 レビュー】低価格で次世代Wi-Fi 6対応高コスパゲーミング無線LANルーター

どうもワタ(@jp_streamer)です

このたびASUS様より2020年2月14日に国内発売された「RT-AX3000」をご提供いただきましたので早速レビューしていきたいと思います。

皆さんはスマホなど置いてるだけの状態でバッテリー減り気になるときありませんか?

「RT-AX3000」には『TWT機能』が搭載されていてデータ通信をスリープできるので使ってないデバイスバッテリーの消費を抑えることができるという利点があるんです。

さらに次世代Wi-Fi 6(無線LAN規格802.11ax)対応にもかかわらず購入しやすい低価格帯です。3月現在Amazonではな、なんと2万円をきっています。

そしてASUS独自の帯域を選択できる「Adaptive QoS」機能も備えているため複数デバイス接続に優先度をつけることが可能。早速みていきましょう。

「RT-AX3000 開封&内容物

パッケージはこんな感じ。

内容物

内容物
  1. RT-AX3000本体
  2. LANケーブル
  3. ACアダプター
  4. クイックスタートガイドなど

クイックスタートガイドは日本語で書かれているので安心です。

大きさ

iPhone6Sと比較するとこのくらいの多さ。大きすぎず小さすぎずといったサイズ感ですね。

インターフェース

前面

背面

RT-AX3000 特徴

特徴
  • 最新のWi-Fi規格802.11AX (Wi-Fi 6)と160MHzの帯域幅
  • 最大速度約3000Mbps — 2.4GHz帯域で574 Mbps、5GHz帯域で2402 Mbps
  • MU-MIMOや複数のデバイスの同時通信を可能にするOFDMAにも対応
  • ASUS AiMesh WiFiシステムと優れた互換性
  • ビジネスグレードのセキュリティ – Trend Micro™「AiProtection」
  • Adaptive QoSでゲーミング優先
  • TWT(ターゲットウェイクタイム)搭載

デュアルバンドWi-Fi6対応無線ルーター。

前述したようにRT-AX3000の一番の特徴は3月現在Amazonで2万円を切る低価格帯と、次世代Wi-Fi 6対応でTWT(ターゲットウェイクタイム)搭載で使用してないデバイスのデータ通信をスリープできるのでバッテリーの消費を抑えることができます。

さらに「RT-AX3000」にはおなじみの指定した通信の優先化を行うAdaptive QoS』といったQoS(クオリティ・オブ・サービス)機能、ASUS独自のワイヤレスメッシュシステム『Aimeshにも対応しています。

また、WTFast』では、ゲームマシンとサーバーとの間で最適な経路で通信をするゲーマー・プライベート・ネットワーク(GPN)によって、オンラインゲーム使用時のパケットの損失、ラグなどを改善し、より快適なゲーム環境を提供することができます。

そして「RT-AX3000」はASUS独自メッシュWi-Fiシステム対応しています。

メッシュWi-Fiシステムとは

複数のASUS Wi-Fiルーターを繋ぎ合わせて家庭内の隅々まで電波を提供する最新機能。(最適なルーターで接続処理されるため中継機と異なり親機に負担がかからないシステム)

ASUS AiMeshテクノロジーでは、ネットワーク内に異なるモデルのASUSルーターを混在させることができるので、すでに持っているASUS Wi-Fiルーターを利用できます。

シームレス技術によって、ネットワークを切り替える必要がないのが特徴

ASUS Wi-Fi 無線ルーター RT-AX3000 WiFi6(11ax)対応 デュアルバンド 高速メッシュ 最大 21台接続 【 戸建 3階建 / マンション 4LDK 】
ASUSTek

接続と使い方や設定方法

接続

STEP.1
モデムとWi-Fiルーターを接続する

一度モデムもしくはCTUやONUの電源を切り

付属のLANケーブルでモデムもしくはCTUやONUをWi-Fi無線ルーター親機の「WAN(INTERNET)」ポート(差込口)へ接続します。

※モデムもしくはCTUやONUとはプロバイダーから貸出されている箱型の機器です。

STEP.2
Wi-Fi無線ルーターの電源を入れる

モデムの電源をいれ正常に接続出来たら、Wi-Fi無線ルーター(ASUS)の電源を入れます。

STEP.3
完了

LEDランプをチェックし完了。

設定

STEP.1
ブラウザから設定

Wi-Fi無線ルーター(ASUS)とつなげたPCからブラウザを起動しASUS設定ページの「はじめる」をクリック

(http://router.asus.com)

STEP.2
個別に設定

ネットワーク名(SSID)とパスワードを任意で決めることができます(※ルーター裏のシールに記載されているものを、そのまま入力しても別でもOK)

せっかくなので例として2.4GHzと5GHzを個別に設定できます。

STEP.3
ネットワーク名とパスワード決める

2.4GHzと5GHzを自分がわかりやすいネットワーク名(SSID)に決め、「適用」をクリック

パスワードは3つ同じでも構いません。

(ここで決めたネットワーク名とパスワードが、スマホなどでWi-Fiに接続するときに必要になります。)

STEP.3
ファームウェア更新

ファームウェアの更新がある場合は更新しておきましょう。更新してしばらくすると自動でログイン画面になります。

STEP.3
ログインして完了

自分でログイン名とパスワードを決めてログインし完了です。(決めたユーザー名とパスワードは忘れないようにしましょう)

スマホからWi-Fi接続

STEP.1
スマホのWI-FI設定画面から接続

スマホのWi-Fi設定画面に、自分で決めた2.5GHzと5GHzのネットワーク名がでるので選択してパスワード入力すれば完了です。

速度計測

速度を計測してみました今回『Fast.com』で計測。(計測時間:朝)

MEMO

Fast.comはNetflixが提供する無料のスピード測定サイト。

PC結果(有線接続)

下りが半端ない数字ですね。。上りも問題ない数値がでています。というよりかなりいいかもしれません。

下り390Mbps、上り860Mbps

スマホ(Wi-Fi接続)

スマホから計ってみたんですがかなり良くなりました!

MEMO

ちなみにLANケーブルも送受信できるデータ量が異なるためFPSなどのゲームではCAT7以上がおすすめです。

著者のネット環境

補足情報ですが著者はNURO光で契約しております。

  • 最大2GMbps対応の光回線。
  • 超高速下り最大2Gbpsで現状国内最高クラスの速度
  • プロバイダ料金・回線使用料・高速無線LAN・セキュリティサービスが全てコミコミで月額4,743円(税抜)
  • 様々なキャンペーンをその都度おこなっております。

ゲームやデータ送受信ならNUROだね

スペック

製品名 RT-AX3000
CPU トリプルコア、1.5GHz
メモリ 512MB
Wi-Fi対応規格 IEEE 802.11ax/ac/n/a/g/b
対応周波数 2.4G Hz / 5 GHz
最大速度(5GHz) 2402Mbps
最大速度(2.4GHz) 574Mbps
チャネル(5GH) W52/W53/W56
チャネル(2.4GHz) 1-13ch
セキュリティ機能 WPA-PSK
WPA3-PSK
WPA2-PSK
WPA-Enterprise
WPA2-Enterprise
WPS
WPA3-Enterprise
ストリーム数 2
アンテナ 外付けアンテナ×4
アンテナ仕様 MU-MIMO技術対応
2.4 GHz (2 x 2)
5 GHz (2 x 2)
WAN 1000Mbps×1
LAN 1000Mbps×4
USB USB 3.1(Gen1)×1
質量 538 g
サイズ(幅×高さ×奥行) 224×154×160mm
対応OS Windows® 10
Windows® 8
Windows® 7
Mac OS X 10.6
Mac OS X 10.7
Mac OS X 10.8
電源仕様 対応入力電圧:100V~240V(50~60Hz)
ACアダプター出力:19 V(最大1.75 A)
その他 ※IPv6
IPv6プラス、transixは対応していません。
※WPA3-Enterpriseはファームウェアアップデートで提供予定

感想

TNT機能があるので複数デバイス接続をする機会がある人におすすめです。

次世代Wi-Fi6対応で低価格帯で購入しやすくゲーマーはもちろんですが、新生活を始める学生さんや社会人さんにもよさそう。

家が広い場合は後からASUSの他製品購入することでシームレスにつなぐメッシュ機能があるため増設もしやすいのが魅力です。

ぜひ参考にしてみてください。

ASUS Wi-Fi 無線ルーター RT-AX3000 WiFi6(11ax)対応 デュアルバンド 高速メッシュ 最大 21台接続 【 戸建 3階建 / マンション 4LDK 】
ASUSTek