【フォートナイト】12月12日10時より「ミンティーアックス」コード付き再販決定!注意点やコード受け取り方法要チェック!

【HyperX】独自赤軸採用テンキーレスモデル『Alloy Origins Core』を12月2日より国内発売!

YouTube:HyperX

Kingston Technologyのゲーミング部門であるHyperXは2019年12月2日、同社のゲーミングキーボードのラインナップに、新作のHyperX Alloy Origins Coreが加わったことを発表。

HyperXレッドメカニカルスイッチを搭載した新しいキーボードで、短いキーストローク設計と8,000万回の打鍵耐久性を備えた高いパフォーマンスと長寿命を実現しました。

<以下プレスリリース内容>

HyperX Alloy Origins Core

特徴
  • HyperXメカニカルスイッチ航空機グレードのフルアルミボディー
  • 取り外し可能なUSB Type-Cケーブルを備えたコンパクトなポータブルデザイン
  • ダイナミック効果を持つ美しいRGBライティング
  • HyperX NGENUITYソフトウェアによる高度なカスタマイズ
  • 3段階に調節可能なキーボード角度
  • 3プロファイル対応オンボードメモリ
  • ゲームモード、100%アンチゴーストおよびNキーロールオーバー機能

Alloy Origins Coreは、Alloy Originsのテンキーレスモデルとなっており、マウスを自在に動かすことができる省スペースなテンキーレスレイアウトを採用しているため、デスクトップを効率的に使用することができます。

明るいイルミネーションをもたらすRGBバックライト付きキーボードです。鮮やかなライト効果と5段階に調整可能な輝度レベルにより、昼夜問わずゲーミング体験を高めます。

耐久性、安定性、柔軟性を高めるため、Alloy Origins Coreには航空機等級のアルミボディを採用し、USB Type-CからUSB Type-Aへの変換用キーボードケーブルは脱着可能です。HyperX NGENUITYソフトウェアを搭載したAlloy Origins Coreは、高度なカスタマイズ機能により、キーごとのライト効果など、ライティングとマクロを好みに合わせて設定可能

HyperX NGENUITYソフトウェアを使用して、オンボードメモリに最大3つのAlloy Origins Core設定を保存できるので、外出先でもゲーミングを楽しめます。

HyperXは次のように述べています。

「HyperXレッドメカニカルスイッチを搭載した新しいAlloy Origins Coreのリリースをお知らせでき嬉しく思います。Alloy Origins CoreはTKLキーボードのファン向けに設計されており、高性能なHyperX RGBテンキーレスキーボードのオプションをお選びいただけます。」

スペック

  • 接続インタフェース:USB
  • キースイッチ:HyperXレッドメカニカルスイッチ
  • 基本キー数:日本語91キー
  • キーピッチ:非公開
  • キーストローク:3.8mm
  • アクチュエーションポイント:1.8mm
  • 押下特性:45g
  • ロールオーバー数:非公開
  • 複数キー同時押し対応:対応(キー数非公開)
  • キー耐久性:8000万回
  • ポーリングレート(USBレポートレート):1000Hz
  • オンボードフラッシュメモリ:オンボードフラッシュメモリ:搭載(3プロファイル)
  • LEDイルミネーション:LEDイルミネーション:カラーLED搭載(※HyperX NGenuity対応)
  • 公称本体サイズ:360(W)×132.5(D)×34.5(H)mm
  • 公称本体重量:約900g(ケーブルを含む)
  • 付属ケーブル長:1.8m
  • 対応OS:Windows 10/8.1/8/7
  • 保証期間:2年間