【フォートナイト】速報!チャプター2シーズン1がスタート!武器のアップグレードが可能に

これだけおさえとけば大丈夫!配信初心者が必要機材まとめ【2019】

機材紹介

今回はこれから生配信をはじめる人、もしくは動画実況をはじめる人に必要な機材を紹介しようと思います。

配信ツールの細かい設定や紹介動画はあるものの結局なにが必要なのか明確にわかりやすい説明がわりと見つからなかったので経験を基に生配信と動画実況に必要最低限な機材を紹介します。

配信機材一覧

結論から言いますと上記画像の機材になります。(なくてもOKなものも含む)

では順不同で紹介していきます。

❶ゲーム機

現在はPS4のゲーム機だけでも配信ができるようになってます。

PlayStation4があればコントローラーのシェアボタン1つでTwitchもしくはYoutubeへ配信をおこなうことができますよね。

※Switchの生配信はPCが別途必要になります。

詳しくは別記事にて紹介いたします。

❷キャプチャボード(約2万円)

キャプチャーボードとはゲーム機(スマホ)の画像と音をPCに取り込むためのものです。

PCとPS4とキャプチャーボード

基本CS機(ゲーム機)を配信する場合ほとんどの配信者がこのやり方です。

接続は画像のようにゲーム機とキャプチャーボードとPCです。

※映像遅延なくプレイするためキャプチャーボードからさらに別モニターへつなげることもできます。

【オススメキャプチャーボード】

Elgato GameCaptureHD60s

Mac/Windows使用可能

▼サイトURL▼

参考 Elgato GameCapureHD60sElgato

AVerMedia 

ほぼWindowsのみ

▼サイトURL▼

参考 AVerMediaAVerMedia

詳しくはキャプチャーボードページで紹介いたします。

❸スマホ

スマホの画面を配信するときはもちろんスマホが必要です。※Macの場合録画だけであれば既存ソフトのクイックタイムで可能です。

しかしPCがあるのであれば、キャプチャーボード購入しつないでしまったほうが早いと思います。

一部アプリ上でスマホ画面を直接生配信できるものもありますのでTwitchやYouTubeでの配信でなくてもいい場合はそちらでもよいかもしれません。

❹PC(約10万~40万円)

ひよこ

ゲーム実況にPCが必要なのはわかったけど値段はどれくらいするの?
正直スペックによってピンキリです。ただこれから購入を検討されてる方はMacよりWindowsをお勧めいたします。

くま

Windowsおすすめの理由は下記2点です。

①Macは映像を処理するグラフィックボードという機器が単体でついてないです(正確にはCPUに内蔵されてるグラフィックボードで処理されてます)ためやはり高度な処理をおこなうとなるとグラフィックボードが別で作動するWindowsに軍配があがります。

②Windows対応のフリーソフトが種類が多い

上記理由から今後ゲーム配信用にPC購入検討の方はWindowsをおすすめいたします。

❺マイク(約2千円~2万円)

さてやっぱりマイクは非常に重要な要素ですよね。

自分は限られたお金の中で、もしお金をかけるとしたらマイクにかけます。皆さんはどんなマイクをお使いでしょうか?

【マイク種類】

マイクの種類はおおきくわけるとコンデンサーマイクダイナミックマイクの2種類にわけられます。

詳しくはマイク紹介ページにて紹介いたします。

ここでは有名なマイクを4つほど紹介いたします。

 

PCV80U コンデンサーマイク (3000円~4000円)

安価な価格でそれなりの性能です。

ECM-PC60 コンデンサーマイク (2000円~3000円)

非常に小さいですがかなり高音質で最初は自分もこれを使ってました。

ピンマイクとしても使用できます。

SHURE ダイナミックマイク SM58 ダイナミックマイク (11000円~12000円)

ダイナミックマイクといえばシュアと言われるほどプロも愛用者の多いマイクと言われてます。

Blue Microphones Yeti USBマイク コンデンサーマイク (15000円~16000円)

僕がいつも使っていたマイクはこちらです!

とても音質がよく、Blueのメーカーは海外人気が非常に高く配信者では主流のマイクとなっておりASMR配信にも使えます。

❻ウェブカメラ (約3千円~1万円)

ウェブカメラは配信者によってない人もいますが、顔が見えたりキャラクターを表示させることができ配信を盛り上げることができます。

ウェブカメラはLogicoolを使ってる人が多くせっかく配信をやるならできれば900シリーズの高画質で配信したいところです。

詳しくはウェブカメラ専用ページにて紹介いたします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自分が購入した時を思い出しながらメモ的にまとめてみました。

金銭的に余裕がない人はひとまずPS4だけでも生配信ができますし

金銭的に余裕があれば自分なりに優先順位をきめて1つ1つそろえていくのもありだと思います。

よいゲームライフを♪