ゲーミングデバイス買うならAmazonギフト券購入で1000円分ついてくるキャンペーンがねらい目!

【フォートナイト】FazeClanが元チームメンバー「Tfue」を反訴し再び裁判が過熱!

人気eスポーツチームFaze Clanは、Fortniteのプロプレーヤー「Tfue」を、会社を侮辱し、契約時の守秘義務違反であるとして訴えている。

5月にはTfueが契約に対して搾取的であったことを理由にチームを去ることになったが、そのときの内容に対する反訴である。

Fazeの言い分は、Tfueがこれまで配信、スポンサーから合計約21億3千万以上の収益を上げ「この収入のほとんどをFaze Clanと共有していなかった。」と述べている。

さらに、Tfueが契約に対する機密情報と思われる情報を漏洩したり、公の場で同社を中傷した結果、現在在籍のプレイヤーや将来のビジネス取引に影響する可能性があるとして、反訴をおこしている。

TfueとFazeの訴訟の流れ

流れ

  • チームFazeがTfueに対してブランド提携による収益の一部を支払わず、Tfueの収益が著しく下回ったとTfue側が訴訟。

  • Faze側は契約で「状況によって運営が最大80%の収入を得る権利がある」としたが、そうしたことは一度もなかったと主張。

  • Tfue側はFazeが搾取的な契約によって金銭的な利益を得ていたと主張し5月にチームを脱退

  • FAZE側がTfueの行動によって現在のFazeチームメンバーに与える影響と契約の守秘義務契約に違反。深刻な被害を引き起こしたとして8月1日、ニューヨーク連邦裁判所に正式な反訴を起こした。

この二つの訴訟は別々に処理される予定。

Tfueの訴訟はカリフォルニアで起こされ、FaZeはニューヨークで訴訟を起こした。

日本ではお笑い事務所が契約に関して今注目されている中、海外ではeスポーツのチームも契約に関する問題が注目されている。

また最新情報入り次第記事にいたします!