ゲーミングデバイス買うならAmazonギフト券購入で1000円分ついてくるキャンペーンがねらい目!

世界最大のゲーム会社Tencent(テンセント)が海南でeスポーツサミット開催!収益と4つのeスポーツ計画発表

Tencent(テンセント)が6月20日、中国の海南省(Boao Asia International Conference Center)で開催された2019年eスポーツサミット(Tencent Global Esports Annual Summit)で、多くの提携と新しい計画を発表した。

この会議には中国や欧米の複数のeスポーツ関連企業が参加し、アジア電子スポーツ連盟(エーエスエフ)、パリ・サンジェルマンF.C.、フナティック、TJスポーツなど、多くの国際組織や有名企業が参加した。

世界で初めてのパートナーシップや1億4500万ドルにおよぶ政府のeスポーツファンドの発表が行われた。

テンセントの2019年上半期収益

テンセントのDai Bin氏は、2019年上半期を振り返り「Esportsは持続可能なビジネスモデルと柔軟な開発スペースを持っており、素晴らしいビジネスです。」と語り

2019年上半期メディア権利6600万ドル、スポンサー契約6400万ドルを獲得したと述べている。

加えて、同社はeスポーツにおける人工知能の重要性、中国における競争ゲームの文化的重要性、その他の重要な見識を強調。

eスポーツのビジネス的側面は、スポンサー契約とメディア権利が、最も収益を生み出すと言われています。

esportsのデータ調査会社Newzoo(ニューズー)の予測によると、2019年世界のesports産業はスポンサー収入4億5670万ドル(+34.4%)、メディア権利収入2億5130万ドル(+41.8%)を含めて、合計11億ドルの収益を上げている。

テンセント4つのeスポーツ計画

このサミットで、Tencent(テンセント)は今後2年間でさらなる飛躍のため4つの大きな方向へ発展させていく方針について語りました。

4つの計画
  • eスポーツのため地方政府と連携し、eスポーツ空港の設立
  • eスポーツエコシステム
  • eスポーツタレントの人材育成システム
  • eスポーツ業界の技術

さらにテンセントは海南の政府と協力して海南自由貿易地帯を開発するための国際的なeスポーツ空港を設立するとした。

Tencentは、eスポーツ産業を標準化し、国家レベルのeスポーツリーグを設立するために中国の組織と提携し、才能ある人のためのeスポーツ奨学金を提供、さらに途中リタイアしたeスポーツ選手に向けた高等教育の機会を提供するためいくつかの教育組織と契約している。

Tencentは開発計画にとどまらず、eスポーツタイトルの開発についても発表をおこなった。

League of Legends(リーグオブレジェンド)では、Tencentが運営するLoLプロリーグ(LPL)が世界トップレベルの大会となっていると発表した。

KFC、メルセデス・ベンツ、ナイキなど多くの企業が近年LPLとスポンサー契約を結び、アジア最大のeスポーツ放送センターがLPLのために設立されました。ここ数年の実績を振り返り、Tencentは2020年にLPLのためにさらにいくつかのイベントを設けることを発表しました。

中国で最も人気のあるモバイルゲームの1つである「Honor of Kings」について、Tencentはモバイルeスポーツタイトルの将来計画を明らかにし、今年8月に開催されるHonor of Kings World Champion Cupを含む計画を発表。

国境を越えた文化交流を実現するためにマンチェスターシティFCと提携した。

三つの要素「人口化・国際化・スポーツ化」がeスポーツを次のレベルに持っていく

中国オリンピック委員会の元事務局長であるLuminary Wei Jizhong氏は次のように述べました。

「今日、esportsは新しい時代を迎えています。最も重要なことは、eスポーツとゲームプレイの違いを区別していくことにあります。

eスポーツの普及とグローバル化に注目して、世界中のファン、プレイヤー、オーディエンスが集まっています。「スポーツ化」 とは、競技者の登録・管理システムや審判決定システムなどの統一的な規制・標準化を確立するための法的指導者/組織が必要であることを意味する。これらの三つの要素(人口化・国際化・スポーツ化)がesportsを次のレベルに持っていく必要がある。」

とJizhong氏は述べた。

最後に

eスポーツ市場は2019年アジアでも大きく変わろうとしています。

こうしたグローバルなeスポーツ市場の動きが活発する中、日本でも今後どのような動きがあるのか楽しみです。

eスポーツに関しても情報が入り次第記事にいたします。