【フォートナイト】アイテムショップ投票機能「コミュニティチョイス」開始!【Fortnite】

【荒野行動】前代未聞!荒野Championship王者決定戦の決勝大会でチーミングによる不正行為が発覚しeスポーツチーム「DgG」解散へ

8月12日におこなわれた「荒野行動」のeスポーツ決勝大会「荒野Championship-元年の戦い」において、大会へ参加「Digital gate gaming(DgG)」所属の「DgGZWEI」、「DgGteamEINS」による不正行為が荒野CHAMPIONSHIP運営事務局より発表され明らかになった。

8月16日、荒野CHAMPIONSHIP運営事務局より公表。

eスポーツチームが公式な大会でチーミングを行う行為は前代未聞となる。

2チームの処罰について「試合の公平性に妨害する行為」に該当するとし、3位入賞「DgGZWEI」の獲得賞金は没収。さらに両チームの成績を取り消し、最終順位の繰上がりを行なうことが発表

なんと「DgG」の監督から両チームの選手達へチーミングの指示が行なわれ5試合目にチーミングが発覚した模様。

チーム「DgG」は解散

また同日にeスポーツチーム「DgG」はチーム解散を表明

「DgG」運営の認識の甘さによるものとし、8月16日付でチームを解散することを発表した。

作戦を指揮していた監督のやあ氏と運営マネージャーである遊大氏はSNS上で辞任を発表

精一杯頑張って賞金を目指している他の選手達に対し悪質な違法行為であり、ゲームを愛しているものであれば通常考えられない。

ましてや日本のeスポーツチームを名乗る組織で行われていたことは大変遺憾である。

しかし、今回の件に関して選手側は監督に従うしかない状況であった点を考えると、選手たちは今後またどこかで活躍していってほしい気持ちもある。

日本におけるeスポーツ業界が良い方向へ進んでいくことを願っております。