毎日20時頃記事更新中!シーズン8ウィーク8攻略ガイド更新

【eスポーツ】2019年のeスポーツ業界最新動向を知れる書籍「1億3000万人のためのeスポーツ入門」が6月発売

少し先ですが、2019年6月3日eスポーツ関連の書籍が発売される。

近年日本でも徐々に盛り上がりを見せるeスポーツ業界の最新動向を書籍から把握することができる一冊。

Eスポーツ業界といっても様々な立場があり、それぞれで活躍されている関係者からの「今」を知ることができる内容となっているようだ。

精力的に活躍されているゲームアナリスト、Webメディア運営者、選手、チームオーナー、TVプロデューサー、弁護士、コンテンツプランナー、起業家といった異なる立場の執筆者が、
自身の立場から見たeスポーツ業界の”今”と”これから”を語る。

この本について

【主なトピック】

主な内容
  • 2018年のeスポーツ業界の激変
  • eスポーツ興行の勃興と課題
  • プロeスポーツ選手のリアル/eスポーツチーム運営のノウハウ
  • TVコンテンツとしてのeスポーツの可能性
  • 風営法、刑法、景表法以外の法律的な課題など。

【こんな方におススメ】

オススメな人
  • 「最近よく聞くeスポーツについて知りたい」
  • 「eスポーツでビジネスをしたいがそのノウハウを知りたい」
  • 「eスポーツチームをつくりたい」
  • 「プレイヤーとしてではなく、裏方としてeスポーツに関わりたい」

最後に

eスポーツ関連の書籍がまだ少ないため、僕はeスポーツ業界を学んだというより分からないことがあれば、その都度自分で試したりGoogleで調べてきました。

しかし、今回の書籍によって一般知識が向上するのみならず、より重要なのは、現状を把握するスピードが高まること。

現状の業界パターンをより素早く捉えられれば、自分の分析スキルも高まります。

分析スキルをあげ自分なりの切り口で今後の状況を捉えるきっかけになるのではないでしょうか。

そんなeスポーツに携わる人もそうでない人も興味があれば読んでおきたい一冊。

また購入したら記事書かせていただきます。

余談

関係ないですが、この書籍の表紙「e」の字がグラフィックデザイナー佐藤可士和氏風なところも好きです。