【フォートナイト】渋谷TSUTAYAにて「メリーミントアックス(ミンティーアックス)」購入受取の流れ

【Esports Awards 2019】eスポーツアワード最終結果!2019年eスポーツを代表する各業界受賞者発表

今年で4回目となる「eスポーツ・アワード2019」が2019年11月16日、米国テキサス州のeスポーツ・スタジアム・アーリントンで開催された。

最優秀ストリーマーは「Dr DisRespect」

&

事前に公式ページではオンラインで何百万人もの人々による投票が行われこのイベントでお気に入りのゲーム、配信者、コスプレイヤー、企業に投票

Esports AwardsにはTwitchとMixerの両方から数千人のファンやストリーマー、そして企業も集まり、アワードを楽しんでいました。

受賞者は以下の通り。

目次

「eスポーツ・アワード2019」

eスポーツ・コスプレイヤー・オブ・ザ・イヤー

  • LittleJem – 1位
  • Maul Cosplay – 2位
  • Polygon Forge – 3位

eスポーツ・パブリッシャー・オブ・ザ・イヤー

  • Riot Games – 1位
  • Epic Games – 2位
  • Valve – 3位

eスポーツ・ビデオグラファー・オブ・ザ・イヤー

  • Logan Dodson -1位
  • Charles Dalton – 2位
  • Mawcho – 3位

eスポーツ・サポートエージェンシー・オブ・ザ・イヤー

  • Loaded – 1位
  • Evolved Talent Agency – 2位
  • ESG Law – 3位

eスポーツ・プレイ・オブ・ザ・イヤー

  • Thiago  “S3xycake” Reis  -1位
  • Mariano  “Squishy” Arruda  – 2位
  • Rasmus “Caps” Borregaard Winther  – 3位

eスポーツ・キャスター・オブ・ザ・イヤー

  • Henry “HenryG” Greer -1位
  • Chris “PapaSmithy” Smith – 2位
  • Jack “CouRage” Dunlop – 3位

eスポーツ・コマーシャル・パートナー・オブ・ザ・イヤー

  • HyperX – 1位
  • Intel – 2位
  • Red Bull – 3位

パネル賞最優秀賞

Ryan Thompson

eスポーツ・コンソールルーキー・オブ・ザ・イヤー

  • Chris “Simp” Lehr -1位
  • Aydan “Aydan” Conrad – 2位
  • Mohammed “Mo Auba” Harkous – 3位

eスポーツ・PCルーキー・オブ・ザ・イヤー

  • Kyle “Bugha” Giersdorf – 1位
  • Mathieu “ZywOo” Herbaut – 2位
  • Emil “Nyhrox” Bergquist Pedersen – 3位

eスポーツ・ジャーナリスト・オブ・ザ・イヤー

  • Richard Lewis -1位
  • Ashley Kang – 2位
  • Antonio “Inyustificado” Yuste – 3位

eスポーツ・ハードウェア・プロバイダー・オブ・ザ・イヤー

  • Intel – 1位
  • Nvidia – 2位
  • HyperX – 3位

eスポーツ・コーチ・オブ・ザ・イヤー

  • Danny “zonic” Sørensen – 1位
  • Kim “kkOma” Jeong-gyun – 2位
  • James Crowder – 3位

eスポーツ・ゲーム・オブ・ザ・イヤー

  • League of Legends -1位
  • Counter-Strike: Global Offensive – 2位
  • Rainbow Six Siege – 3位

eスポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー

  • Matthew “Nadeshot” Haag -1位
  • Jack “CouRage” Dunlop – 2位
  • Tyler “Ninja” Blevins – 3位

eスポーツ・カバレッジWebサイト・オブ・ザ・イヤー

  • Dexerto -1位
  • ESPN Esports – 2位
  • Liquipedia – 3位

eスポーツ・チーム・オブ・ザ・イヤー

  • G2 Esports (League of Legends) -1位
  • Astralis (Counter-Strike: Global Offensive) – 2位
  • San Francisco Shock (Overwatch League) – 3位

eスポーツ・クリエイター・オブ・ザ・イヤー

  • Craig “Mini Ladd” Thompson -1位
  • Jack “CouRage” Dunlop – 2位
  • Brian Michael “Terroriser” Hanby – 3位

eスポーツ・PCプレイヤー・オブ・ザ・イヤー

  • Kyle “Bugha” Giersdorf -1位
  • Luka “Perkz” Perković – 2位
  • Oleksandr “s1mple” Kostyliev – 3位

eスポーツ・コンソールプレイヤー・オブ・ザ・イヤー

  • Dominique “SonicFox” McLean -1位
  • Alexandre “Kaydop” Courant – 2位
  • Chris “Simp” Lehr – 3位

eスポーツ・ホスト・オブ・ザ・イヤー

  • Alex “Goldenboy” Mendez -1位
  • Eefje “Sjokz” Depoortere – 2位
  • Nyvi Estephan – 3位

eスポーツ・ストリーマー・オブ・ザ・イヤー

  • Herschel “Dr Disrespect” Beahm IV -1位
  • Jack “CouRage” Dunlop – 2位
  • Alan “alanzoka” Ferreira – 3位

eスポーツ・組織・オブ・ザ・イヤー

  • Team Liquid -1位
  • G2 Esports – 2位
  • 100 Thieves – 3位

eスポーツ・アワードはその年の業界最高の選手や企業、関係者をたたえるイベントで年を追うごとに規模が拡大している。

その様子はTwitchにてアーカイブで確認が可能となっています

https://www.twitch.tv/videos/509436784