【フォートナイト】世界衝突チャレンジ(ノーマル&プレステージ)攻略ガイド

【eスポーツ】Dota2大会「インターナショナル2019」の賞金総額がフォートナイトワールドカップを上回りeスポーツ史上最高35億円突破!

Dota2は今年「インターナショナル2019」を中国の上海「メルセデスベンツアリーナ」で2019年8月20日~25日まで開催。

毎年開催され今回が第9回目となるDota 2世界選手権eスポーツトーナメントではじめて中国でおこなわれる。

注目は賞金額で今年の「インターナショナル2019」の賞金総額が3300万ドル(約35億円)となり、この数字はフォートナイトワールドカップの賞金総額3000万ドル(約32億6000万円)よりさらに大きな数字となる。

35億ですよ!!!!これは人類の男の数に匹敵します

冗談はさておき、フォートナイトではBugha選手がトップの座を勝ち取り、eスポーツで過去最高の300万ドル(約3億3千万)の賞金を獲得し、世界中の注目を集めた。

しかしeスポーツは現在も急成長しつづけており、彼の獲得賞金額は今年の「The International2019」の優勝者によって塗り替えられることとなる。

Dota2はチームを構成する5人でプレイするため賞金を均等に分配されたとしても1位には1500万ドルが与えられ、プレーヤー1人当たり300万ドル以上の金額を得ることになるため、eスポーツの歴史上過去最高となる。

動画は去年「インターナショナル2018」

賞金金額はバトルパスの課金額25%

賞金金額は2013年にDotaに導入されたゲーム内課金バトルパスシステムの25%がリアルタイムで反映されることになる

全てのバトルパスの売上の 25% は直接 The International 賞金へプールされ加算されます。

Dota2の賞金金額は驚異的なペースで上昇しており、昨年より1000万ドル上昇!(金額は「Dota2 Prize Pool Tracker」と公式サイト参照)

しかし1位のチームが1500万ドル以上の賞金を獲得するからといって、必ずしも最終的に選手1人1人がブーガ選手の賞金以上を手にするとは限らないとの声もある。

その理由はDota2チームには、プレイヤーだけでなくコーチやチームへもの配分があるからだ。

しかし、賞金総額は急成長し現段階でフォートナイトを超えeスポーツ史上最高額になるといわれており、eスポーツ市場の成長が伺える。

今後もeスポーツ市場ふくめ最新情報入り次第記事にいたします!

大会時の配信チャンネル

dota2tiのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する