【ロジクール G435 レビュー】ロジクール史上最高の着け心地!165gヘッドセット使い方

話題のゲーム「wordle(ワードル)」とは?遊び方とルールまとめ

今海外で話題の「wordle(ワードル)」はジョシュ・ウォードル(Wardle)さんによって開発され2021年10月に公開された英単語パズルゲーム。

遊び方は5文字の英単語を6回以内に当てるゲームという超シンプルゲーム!

サイトはこちら

今回は画面の見方や遊び方をまとめてみたいと思います。

「wordle(ワードル)」 の遊び方

  • 5文字の英単語を6回以内に当てる
  • 24時間経つと新しい問題に変わる
  • 登録の必要なし
  • 課金なし

24時間で1回ワードは変更され、答えは全世界共通です。

スマホやPCからもアクセスができ、非常にシンプルなゲームといえますね。

画面の見方

画面の見方もシンプル、縦がチャレンジできる回数で6回チャレンジできます。

注意点は5文字はかならず英単語の必要があり、英単語でなければ入力できないようになっています。

画面の見方は、黄色文字は場所は違うけど文字は合っている。緑色文字は場所も文字もあっている。グレーは場所も文字も違うというもの。

最後に自分の結果をシャアすることもできます。上の結果をシェアすると下のような感じ

シェアした画像は何回でクリアできたかわかるようになっていて英単語自体は隠されています。

グーグル検索でイースターエッグ

そのほかに、現在グーグルで「wordle」と検索すると、googleの文字も「wordle」のようになるというちょっとした変化を楽しむことができます。

いかがでしょうか。「WORDLE」はちょっとしたスキマ時間にチャレンジしてみるのにちょうどいい感じです。

ぜひ参考にしてみてください。

また最新情報が入り次第記事にしたいと思います