【Logicool G733 レビュー】側圧軽減!カラバリ豊富なワイヤレス軽量ゲーミングヘッドセット

【Xtrfy GP3マウスパッド レビュー】思った以上にしっかり止まる!プラスチック製マウスパッド!

皆さんはハードタイプとソフトタイプどちらのマウスパッドを使っていますか?

今回Xtrfy様から発売されたハードポリカーボネート製『GP3』マウスパッドご提供いただきましたので早速使用感をレビューしていきたいと思います。

この「GP3」は2020年8月7日にモデルチェンジして新発売(変更点はNIPロゴとHeatoNサインがなくなり、Xtrfyロゴのみとなりました。素材、仕様に変更はありません)

ハードタイプのマウスパッドなので以下のようなメリットがあります

メリット
  • 汚れにくい(汚れてもすぐにふき取れる)
  • 耐久性がソフトタイプより高い
  • 巻きグセや縫い目による影響がない
ひよこ
メリット結構あるよね

『GP3』はスピードはもちろんですが、精度やコントロール面も考慮されているというタイプ!

ハードタイプなのでスベリ過ぎないか?という所もしっかり確認してみたいと思います!動画レビューは以下から見ることができます。

『GP4』マウスパッド特徴

特徴
  • ハードサーフェース
  • ノンスリップ ラバーベース
  • 高耐久性素材
  • スピードと精度を重視

GP3マウスパッド開封

パッケージ

パッケージはソフトタイプの筒型と異なり、平面のままパッケージング!

パッケージの表面には肌触りが確認できる窓がついているので店頭で確認するときに便利!

内容物

内容物
  1. GP3マウスパッド本体
  2. カタログ
  3. シール

内容物はシンプルにマウスパッド本体とカタログ、そしてXtrfyのロゴシールがはいっていました!

表面はざらっとした肌触りでスピードと精度も重視していることがわかります。

様々なハードタイプのマウスパッドの中でも、「GP3」はかなりしっかりマウスが「止まる」印象を受けました。

ハードタイプは編み目や巻きグセが影響しないのがメリットですね

表面の右上には「Xtrfy」のロゴが入っているので表裏がわからないときに(わからないことはないと思いますがw)判別しやすくなっています。

モデルチェンジによりこの「Xtrfy」のロゴのみになりました。シンプル・イズ・ベストです!

裏面はノンスリップラバーのハニカム構造でズレる心配はまずなさそう

大きさ

サイズはLサイズのみの展開。

ソフトタイプのマウスパッドのLサイズ(GP4やGP1など)より少し小さいサイズ感となっています。

スペック

製品名 XTRFY GP3 LARGE
表面 ハードポリカーボネート(PC)
ベース ノンスリップラバー
スピード ミディアム(コントロールサーフェス)
サイズ ラージ(420 x 350 x 2.5mm)
保証 無(1週間の初期不良のみ交換)
価格 5,070円(税別)

※ハードタイプのマウスパッドのエッジにマウスのコードなどが接触し続けると、擦り切れることがありますのでご注意ください。

感想

結果的に今まで使ってきた様々なハードタイプのマウスパッドの中でも、かなりしっかりとマウスが止まる印象をうけました!

ハードタイプのスベリすぎが気になっている人は使ってみるとコントロールしやすさに驚くと思います。

ハードタイプなので汚れもサッとふき取ることができ清潔に保てるメリットも魅力

ハードタイプなのでマウスを動かすとソフトタイプより多少音がするのでデメリットではないですが、そこが気になる人がいるかもしれません。

そこまで気にならないくらいの音ですが、もし気になるなーという人はソフトタイプも検討してみてください。

ソフトタイプは同じくスピードとコントロールのバランス重視のGP4(Lサイズ)やスピード重視ならGP1(M・L・XLサイズあり) 、コントロール重視ならGP2(L・XXLサイズあり)があります。

高耐久性なので長く使えるマウスパッドを探している人にオススメです。ぜひ参考にしてみてください

公式ページはこちら