手持ちの一眼レフやGoProが配信用カメラになるエルガトCamLink(カムリンク)の使い方

【Xtrfy M42 先行レビュー】左右対称!交換可能なモジュラーシェル、ゲーミングマウス

Xtrfyの両手用ゲーミングマウス「M42 RGB」を先行レビューしていきたいと思います。

2020年12月18日(金)新発売の本製品の特徴は本体が59gと軽量かつ、本体後部のシェルパーツ交換でサイズ調整可能というところ。

重量も以前レビューさせていただいた「M4」マウスより10gほど軽く、超軽量クラス。

今回、特別にXtrfy様より製品ご提供いただきましたので早速レビューしていきたい思います。

ひよこ
いつもありがとうございます。

「M42 RGB」特徴

特徴
  • 調整可能(シェル)な左右対称形状
  • 超軽量59g、防塵、防滴構造
  • Pixart 3389センサー
  • メインスイッチ:オムロン製
  • Xtrfy EZコード、調整可能なRGBイルミネーション
  • モジュラーシェル:交換可能な2つのサイズ (付属)

Xtrfyで『左右対称』最新のPixart3389センサーを搭載している製品は現状この「M42」のみ!

M42のマウスソールは摩擦係数の低い100 % PTFEを使用しています。

M42 RGB マウスのAmazon商品ページはこちら

開封

パッケージ

パッケージに「adjustable(調整可能)」と記載されてますね!

内容物

内容物
  1. M42 RGBマウス本体
  2. マウスソール(PTFE)
  3. 交換用シェル
  4. キーボードキャップ(GGとXtrfyの文字)
  5. クイックスタートガイド、シール、カタログ
マウス上部

今回カラーはレトロになります。中央ボタンとサイドボタンの色がアクセントとなっています。

表面はマットなUVコーティングがほどこされているため長期で愛用できそう。

マウス左右

左サイドにボタンが2つ。

交換用シェル

交換用シェルは1つは丸みが大きく、もう一つは丸みが小さいサイズ感で手の大きさに合わせてサイズ調整可能。

ボタン数

マウスのボタンは計5つ。

スクロールの近くにあるボタンは「RGB」変更ボタンなのでゲーム内で利用はできないです。

マウス裏面

裏面にはポーリングレートのスイッチ(125/500/1000Hzの切り替えが可能)、CPIボタン(400-16000)があり専用ソフトなどは不要です。挿したらそのまま使えるのは快適ですね!

CPIは「400(赤)800(黄)1200(オレンジ)1600(青)3200(紫)4000(水色)7200(緑)16000(白)」と切替わります。

センサーは2020年現在最新のPixart 3389センサー搭載。

M42のマウスソールは2カ所になります。

ケーブルはEZコードで角度がついているので摩擦もすくなくスワイプもスムーズ。

キーキャップ

マウスと同カラーのロゴキーキャップが今回も付属しています!!

交換可能なモジュラーシェル

M42の大きな特徴が調整可能なシェルでサイズ調整が可能。

マウスの後部が交換可能になっていて、2つのシェルが付属しています。

マウスシェルはマグネット式で簡単にカチッととまります。

重量

重量は測定したところ60g(ケーブル除く)でした、以前レビューさせていただいた「M4マウス」よりも10gほど軽量

(※測定値は個体差や測り方などにより多少の誤差があるかもしれません。)

大きさ比較

大きさを現在発売中のXtrfy「M4マウス」と比較してみました。

写真からだとわかりずらいかもしれませんが、M42のほうが手にすっぽりと収まる感じがありました。

M4にくらべ、女性でも持ちやすそうなサイズ感だと思います。

スペック

製品名 M42 RGB
形状 両手用・調整可能な左右対称形状
センサー Optical Pixart 3389
LEDイルミネーション 調整可能なRGB
重量 59g (ケーブル除く)
メインスイッチ Omron 20M(OF)
ケーブル Xtrfy EZcord
マウスソール PTFE(テフロンソール)
表面処理 UVコーティング
CPI設定 400-16000
ポーリングレート設定 125/500/1000 Hz
IPS 400
最大加速度 50G
接続 USB
対応OS Win XP以降、 Mac OSX 10.1 以降
保証 1年間(日本国内)

感想

左右対称で、シェル交換によってサイズ調整も可能なので、手のサイズに左右されにくいマウスだと思います。

こんな人にオススメ
  • マウスのサイズ感で悩んでいる人。
  • 最新センサーを使いたい人
  • 左右対称マウスを探している人。
  • 軽量なマウスが好きな人。
  • ソフトなど不要なマウスが好きな人

マウスソールに関してM4マウスと比較すると、M42は2つになります。

M4は上下に2カ所、M42は4カ所という違いがあります。

M42のほうが10gほど軽いということもあり体感ですが、スワイプ感もより軽く感じました。

マウスソールと摩擦の関係

摩擦力は摩擦係数×垂直抗力(圧力)で計算でき

一般的に「『摩擦力』は『接触面積』には関係しない」といわれています。(アモントンの法則)

ただ、「接触面積が大きいと『圧力』は小さくなります」(例:画鋲は接触面積が小さいから簡単にかべに刺さるよね)

Xtrfyからはマウスパッドも様々でているので、自分にあったマウスパッドの素材(ソフトもしくはハード)と組み合わせバランスをとってみるとさらによさそうです。

(著者はM4マウスはハードタイプ、M42ではソフトタイプを使用)

M42 RGB マウスのAmazon商品ページはこちら

【Xtrfy M4 RGB レビュー】最先端3389センサー搭載、超軽量構造の右手用ゲーミングマウス 【Xtrfy GP1 レビュー】洗濯も可能なレーザー式と光学式の両対応ゲーミングマウスパッド! 【Xtrfy GP3マウスパッド レビュー】思った以上にしっかり止まる!プラスチック製マウスパッド!