【フォートナイト】ワンタイムイベント「オペレーション:スカイファイア」レポート

【Steelseries RIVAL5 レビュー】軽量85g、9個のプログラム可能ボタン搭載ゲーミングマウス

Steelseries(スティールシリーズ)から2021年7月9日から「RIVAL5」発売!

85gの軽量設計独自トラッキングセンサーを搭載した有線型のゲーミングマウス。

さらにボタンは9個のカスタマイズ可能ボタンなので、FPSだけでなくクリエイティブ作業など多用途での活用が期待できます。

こんな人にオススメ

  • 色んなジャンルのゲームをプレイする人
  • 軽量マウスを探している人
  • 動画作成などの作業をするクリエイターの人
  • RGBで光るマウスが好きな人
  • しっかりとしたクリック感が欲しい人

今回は実機を触らせていただいたので実際に使ってみてレビューしていきたいと思います。

RIVAL5

内容物

  1. RIVAL5本体
  2. 製品情報ガイド

パッケージ内容はスッキリ!USBを接続すればすぐに使えます。

※細かな設定やファームウェアアップデートを行うためには専用ソフトウェアのダウンロードが必要です。

ボタンは9個のカスタマイズ可能なボタン(CPIボタンも変更可能)でカチっとした音としっかりとしたクリック感があります。

サイドボタン6、7は「持ち上げた時」と「下げた時」で別ボタンとして作動します。

スイッチは『次世代ゴールデンマイクロIP54スイッチ』、公式発表によると8,000万回クリックと高耐久性です。

防塵・防水性も備えているので長く愛用していけそうなマウスです。

マウスソールは上下2カ所。

センサーにはPixArtとSteelSeries協同でデザインした独自「TrueMoveエアセンサー」が搭載。

トラッキング精度が高いのが魅力です。

スペック

商品名 RIVAL5
重量 85g
センサー SteelSeries TrueMove Air
センサーのタイプ オプティカル(光学)
CPI 100~18000、100CPI可変式
IPS 400、SteelSeries QcK表面で
加速 40g
ポーリングレート 最大1000Hz / 1ms
ハードウェア加速 なし
筐体メイン素材 ABSプラスチック
グリップスタイル クロー、パーム、またはフィンガーチップ
ボタン数 9
スイッチタイプ SteelSeries製IP54メカニカルスイッチ
定格:8,000万回のクリック
大きさ
長さ 128.80 mm
63.35mm(前部)×68.15mm(後部)
高さ 28.20mm(前部)×42.00mm(後部)

重量

スーパーメッシュケーブル

マイクロファイバー製メッシュは非常に軽く、ストレスのないマウス操作が可能となります。

※別売りのマウスバンジーを使用すると、さらに快適なマウス操作を体感できるのでお勧めです。

グリップスタイル

どんな持ち方でもエルゴノミクス設計なのでフィットする感覚ですが、とくに「かぶせ持ち」と「つかみ持ち」がオススメ

フィット感など気になる方は実際に店頭で触ってみるのもオススメします。

ソフトウェア設定

RGBライトはテクノロジー「PrismSync」で10個のゾーンごとに好みの色味を設定することができます。

ボタンカスタマイズもかなり自由度があります。

感想

今回はゲーム「フォートナイト」などで多くのボタンを使用するゲームタイトルですごくやりやすく感じました。

そのほかにも、ボタンを多くカスタマイズできるので動画作成をするようなクリエイターにもオススメ。

よく使うキーを割り振っておけば作業時間をかなり効率化することが可能となりそうです。

執筆時点でAmazon価格は8,837円と1万円以下で購入できるのも魅力です。

ぜひ購入の参考にしてみてください