【フォートナイト】ワンタイムイベント「オペレーション:スカイファイア」レポート

【Steelseries PRIME WIRELESS レビュー】連続100時間稼働のワイヤレスゲーミングマウス

SteelSeries(スティールシリーズ)から2021年7月9日に発売された、競技向けギア「Prime」シリーズ。

その中のワイヤレスゲーミングマウス「PRIME WIRELESS(プレイム ワイヤレス)」は連続稼働100時間、高精度トラッキングセンサーが搭載されたモデル。

「Prime」シリーズは2021年7月9日に競技向けギアとしてマウス3モデル、ヘッドセット1モデルがリリースされました。

こんな人にオススメ

  • バッテリー時間の長い(100時間)マウスを探している人
  • 細かな設定を行いたい人
  • FPSなど高精度のトラッキングを必要とする人

実機を今回触らせていただいたのでレビューしていきたいと思います。

「PRIME WIRELESS」

内容物

  1. プライムワイヤレス本体
  2. USB Type-Cドングル
  3. 拡張アダプタ
  4. USBケーブル(Type-C ⇔ Type-A)
  5. 製品情報ガイド

USBドングルを挿し、マウス裏面の電源スイッチをオンにすればすぐに使用可能です。

ボタンカスタマイズやファームウェアアップデートには専用ソフトウェアのダウンロードが必要。

マウス本体

サイドボタンは左側に2つ、スクロールは中央ボタンとして使用することも可能。

スクロールはカタカタ(無音)止まるタイプ、サイドボタンはカチっという音と見た目以上に押しやすいスイッチになっている。

Prestige OMスイッチ

スイッチは独自のネオジウム磁石で所定の位置に保持され、公式発表によると1億回のクリックに耐えるという高耐久性

100%バージングレードPTFEのマウスフィートを採用、実際使ってみた感じも他Steelseries製品より滑らかさを感じました。

センサーはPixArtとSteelSeriesが協同でデザインした「TrueMoveエアセンサー」を採用、高精度なトラッキングが期待できます。

CPIボタンを押すことで「CPI」と「ポーリングレート」を変更できスクロール部分の光で確認できます。

  • CPI 変更:CPIボタンを素早くクリック
  • ポーリングレート変更:CPIボタンを長押し

スペック

商品名  PRIME WIRELESS
重量 80g
センサー SteelSeries TrueMove Air
センサーのタイプ オプティカル(光学)
CPI 最大18000
IPS 400、SteelSeries QcK表面で
加速 40g
ポーリングレート 最大1000Hz / 1ms
ハードウェア加速 なし
筐体メイン素材 ABSプラスチック
グリップスタイル クロー、フィンガーチップ、またはパーム
ボタン数 6
バッテリー寿命 100時間
大きさ
長さ 125.3 mm
59mm(前部)×67.9mm(後部)
高さ 23mm(前部)×42.4mm(後部)

ドングル&拡張アダプタ

USB Type-Cドングルを使用することでワイヤレス使用となります。

Type-A変換アダプタは付属していないのでType-Aの接続口しかない場合は別途購入が必要になるので注意が必要。

ワイヤレスのUSBドングルは拡張アダプタとケーブルを使うと近くまで持ってくることが可能です。

マウス正面に充電用ケーブル接続部分があります。バッテリーは脅威の100時間ですが、ケーブルを挿した状態で有線で使うことも可能です。

差込口もType-Cなので万が一ケーブル紛失したとしても対応できそうなのは嬉しい仕様!

重量

重量は81g。(※測り方で多少の誤差があると思います)

グリップスタイル

どのような持ち方でも大丈夫ですが、「つかみ持ち」や「つまみ持ち」のほうが持ちやすいかもしれません。

手が小さい女性のプレイヤーは大きく感じる場合もありそうなので気になる方は店頭で一回触ってみるのもオススメです。

ソフトウェア

ソフトウェアでは「CPI」や「ポーリングレート」のほかに「アングルスナップ」やバッテリーセーブ設定などを行うことが可能です。

スクロール部分のイルミネーションも自分の好きなようにカスタマイズ可能。

※ソフトウェアは専用ページからダウンロード可能

感想

重量は81gですがマウスフィートのおかげなのか、体感ではもっと軽く感じるほど滑らかでした。

バッテリーは驚異の100時間というモチの良さでゲーム中に充電が切れる心配はなさそう。(15分充電で40時間ゲームプレイ可能)

トラッキング精度はさすがSteelseries!という感じ。

ソフトウェアも詳細に設定ができ、アングルスナップ設定は他社であまり見ない詳細な項目だと思います。

有線型がいい場合は、サイズ同等の「Prime+」や「Prime」も発売されてるので検討してみるのもありです。

ちなみに「Prime+」はリフトオフディスタンスの設定が可能で「Prime」は69gの超軽量タイプです。

PRIME WIRELESSの価格は執筆時点でAmazonで16,800円。ぜひ購入の参考にしてみてください