【Logicool G733 レビュー】側圧軽減!カラバリ豊富なワイヤレス軽量ゲーミングヘッドセット

【LINKSYS『MAX-STREAM AC3000 MR9000X』レビュー】トライバンド WiFi 5 メッシュゲーミングルーター

皆さんルーターはどのようなものをお使いですか?

使用環境や予算によってたくさん選択肢がありますが、快適性を上げるには「ゲーミングルーター」がおすすめです。

ゲーミングルーターは主にCPUを搭載し高速な処理と通信をおこない、より安定した通信と高速化を図ることができます。

ゲーミングルーターメリット
  • CPU搭載で高速処理
  • オンラインゲームやライブ配信時の安定化
  • 高画質動画視聴

そしてこのたび、ベルキンのブランドLinksys(リンクシス)より2020年7月22日発売に国内発売された「MAX-STREAM AC3000 MR9000X」(以下MR9000X)ご提供いただきましたので早速レビューしていきたいと思います。

MEMO

Belkinはアメリカに拠点を構えますPC・スマートフォン周辺機器メーカーで知られています

変更後の「通信速度」結果

まずは結果から、ということで通信速度は以下のようになりました。

  • 計測日:平日早朝
  • 回線:NURO光

PCの通信速度

PCだと下り370Mbps、上り430Mbpsということでかなりいいほうだと思います!動画もサクサクですし、ゲームも快適です。

スマホの通信速度

続いてスマホ。スマホは「Android ファーウェイ p30 Lite」で測定

下り120Mbps、上り100Mbpsということでスマホの通信速度としてはこちらもかなり高速な結果となりました。

注意

通信速度は回線事業者やネット環境(戸建てやマンション、広さ、デバイスとの距離など)によっても多少差異が生じます。

※Pingはサーバーとの物理的な距離も影響するため、居住地によって差がでます。

「MAX-STREAM AC3000 MR9000X」特徴

特徴
  • 最大3000Mbpsの高速通信速度
  • クアッドコアCPUで高度&高速なデータ処理能力
  • 高解像度動画ストリーミングとオンラインゲームを同時に高速通信可能
  • 同社「Intelligent Mesh」技術搭載で簡単にメッシュWi-Fi設定が可能
  • 同社「Velop」シリーズWi-Fiルーターと同一SSIDの構築が可能、メッシュ機能で通信範囲を広げることも可能
  • 25台以上のデバイスに同時接続可能

『MR9000X』は「MU-MIMO(マルチユーザMIMO)」と呼ばれる同時通信技術で、ビームフォーミング対応の端末を検出し、通信を行うことで複数デバイス使用時でも電波干渉がおきず高速化が期待できます。

干渉せず、低遅延可能なのでゲーマーはもちろん、高画質ストリーミングやオンライン会議などにも恩恵が受けられます。

トライバンド対応とメッシュWifi

「MR9000X」はトライバンド(3つの周波数帯)対応モデル。

帯域が『2.4GHz帯が1つ』と『5.0GHz帯が2つデュアルバンドより帯域が多いため接続デバイスが多いときに便利です。

さらに、別売りのLinksysのメッシュWi-Fiルーター「Velop」と接続することで、より広範囲で同じネットワーク構築が可能となります。

メッシュWifiとは

複数のWi-Fiルーターを繋ぎ合わせることで隅々まで電波を提供する最新技術。

メッシュWifiルーター独自で接続処理されるため中継機と異なり親機に負担がかからないシステムです。

自動接続切り替えが行われます。

「MAX-STREAM AC3000 MR9000X」開封

パッケージ

内容物

内容物
  1. 「MR9000X」本体
  2. セットアップガイド、デバイス優先度付け設定ガイド、保証と規定に関する説明書など
  3. 電源アダプター
  4. イーサネットケーブル
背面

背面にはLANポートが4つ(全ポートギガビット対応)、USBポートが1つ付いています。

サイド
正面から

本体にはハイパワーアンプを備えた4つの外部アンテナがあり角度変更することが可能となっています。

角度はかなり柔軟に変更できます。

本体重量

本体のみの重量は596gでした!

多少誤差はあると思いますが片手でさっと持つことができるので重すぎることはないと思います!

大きさ

サイズ感はアンテナなし本体部分のみで測ったところ横21.5㎝×縦16㎝×高さ5.5㎝。(※測り方で若干誤差があります)

縦×横
高さ

大きさ比較

手持ちのiPhone 6sと大きさ比較してみました。

一般的なWifiルーターくらいなので大きすぎるということはなさそうです。

スペック

製品名 『MAX-STREAM AC3000 MR9000X』
CPU クアッドコア、716MHz
メモリ 512 MBメインメモリ
256 MBフラッシュメモリ
Wi-Fi対応規格 802.11/a/g/b wifi 4(n)/5(ac)
対応周波数 2.4G Hz / 5 GHz-1 / 5 GHz-2
最大速度 3Gbps
(2.4GHz:400Mbps/5GHz:867Mbps/5GHz:1733Mbps)
Wi-Fi技術 AC3000 MU-MIMO トライバンド
Wi-Fi最大範囲 185平方メートル
セキュリティ機能 WPA2
アンテナ 外部アンテナ角度調整可能×4
搭載ポート Gigabit WAN×1
Gigabit LAN×4
USB 3.0×1
質量 740g
サイズ(幅×高さ×奥行) 縦18.6cm×横25.8cm×高さ19cm
電源仕様 対応入力電圧:100V~240V(50~60Hz)
ACアダプター出力:12V/2A
製品保証 3年

※Wifi6対応ではありません。

設定方法

STEP.1
アプリから接続設定

アプリから接続設定を行います。(ルーター接続後、ネットにつなぐとアプリのQRコードが表示されます)

STEP.2
アプリ立ち上げ

STEP.3
利用規約に同意

規約を確認し「同意する」をクリック

STEP.4
アカウント作成

アカウント作成します。

STEP.5
Wi-Fiルーターの名称決定

Wi-Fiルーターに名前とパスワードを任意で設定できます。

(※パスワードは今後デバイス接続時に必要となるため忘れないようにしましょう)

STEP.5
接続設定完了

そのほか、クラッシュレポートのオンオフなど設定すればWi-Fiの接続設定完了です。お疲れ様です。

ダッシュボードボタンから各種設定の確認や変更ができます。

ザックリと上記のような流れで設定は完了です!スマホから設定できるというのは便利でいいですね!

感想

「MAX-STREAM AC3000 MR9000X」は実際にゲームや動画視聴も高速通信で快適に使用することができました。

様々な設定や管理はスマホのアプリから管理がしやすいのもメリットです。

通信の優先度設定もアプリから簡単にできました!

一番下から優先デバイスを設定可能

ルーターは大抵1台でカバーできると思いますが、もし広い部屋にお住まいであれば別売り「Velop」を追加でメッシュWi-Fi環境を構築すれば、広範囲で最適な通信環境が整います。

「MAX-STREAM AC3000 MR9000X」価格は執筆時点でAmazon価格16,782円となっています。

CPU搭載のルーターでこの価格帯は手が出しやすく、ゲーム以外でもネットを利用する機会が増えてきているのでぜひ購入の参考にしてみてください。