【Logicool G733 レビュー】側圧軽減!カラバリ豊富なワイヤレス軽量ゲーミングヘッドセット

【Logicool G913 開封&レビュー】ゲーム配信にもおすすめ超薄型ロープロファイルキーボード

どうもワタ(@jp_streamer)です

ロジクール様よりLogicoolGのワイヤレスキーボード『G913』をご提供いただきましたので早速開封&レビューしていきたいと思います

ワイヤレスキーボード『G913』開封&内容物

パッケージ

パッケージ上部に選んだスイッチの種類が記載されているので開ける前に確認しておくといいかと思います。今回は選んだのはリニア軸(赤軸)

内容物

  • ①ワイヤレスキーボードG913
  • ②USBケーブル(micro-USBケーブル)
  • ③LIGHTSPEED USBレシーバー
  • ④保証書/シール/取扱説明書

延長用コネクター

延長用コネクターには「USBレシーバー」と「USBケーブル」を接続でき電波の届きやすい場所へレシーバーを持ってくることができます。

ただ体感では使用しなくても有線のキーボードと変わりない反応だったので、PCがかなり離れた場所にある場合は利用する感じでも問題なさそうです。

調整足つき

キーボードの裏には4度と8度の調整足がついています。

上部に電源ボタンとUSB差込口

電源ボタンは上部にあります。赤がオフ、青がオン。

USB差込口も上部の中央にあり、充電する場合に接続します。

ワイヤレスキーボード『G913』特徴

ワイヤレスキーボード『G913』は2019年8月29日に発売され、有線の『G813』も同時発売。

G913の特徴
  • ロープロファイル超薄型デザイン
  • 3種類のメカニカルスイッチ
  • マクロやアクションボタンが設定可能な5つのGキー
  • 3個のプロファイル
  • メディアコントロールボタン
  • 次世代RGBライティング LIGHTSYNCテクノロジー搭載
  • フルライティングで30時間連続使用可能
  • デュアルワイヤレス接続(ブルートゥース5.0/LIGHTSPEED)
  • Ghub対応
  • 5052アルミニウム合金

「G913」はワイヤレスかつ薄型でありながら丈夫なつくりになっており、素材は航空機にも使用される丈夫な「5052アルミニウム合金」

この「5052アルミニウム合金」が高級感を醸し出しています。

価格はG913が30,200円と少し高めではありますが、ワイヤレス機器なのでこのくらいはするかなと思います。

3種類のスイッチタイプ

スイッチタイプは3種類あり打鍵感の異なる3種類から好みのものを選べます。

  • GLクリッキー「青軸」
  • GLタクタイル「茶軸」
  • GLリニア「赤軸」

「G913」のロープロファイル特徴として、スイッチの反応する位置(アクチュエーションポイント)が1.5mmと標準的なメカニカルキーボードと比べて25%短く高速なキー入力が可能となっています。

超薄型なのでキーストロークも2.7mmとロジクールのRomer軸の3.2mmよりさらに低くなっており、底打ちから次のクリックまでがスムーズなので長時間の作業やゲームプレイでも疲れにくくおすすめです。

打鍵音はDuckyの『銀軸』とG913 の『リニア(赤軸)』比較するとG913のほうが静かで音が低くかんじました。

LIGHTSPEEDとBluetooth 5.0と2種類の接続方式

また遅延のないロジクール独自のワイヤレス技術LIGHTSPEEDとBluetooth 5.0と2種類の接続方式から選択でき、本体上部のボタンでワンタッチで切り替えることができます。

右横のゲームモードキーではWindowsキーを無効化できます。Ghubをつかえば他のキーも無効化することが可能。LEDキーではライトのパターンを調整することができます。

著者も実際デスクトップPC(LIGHTSPEED)とノートPC(ブルートゥース)で試しましたが切り替えにかかる時間は1秒もかからずに切り替わりました!

iPadやタブレット端末など利用の幅が広がりますね。

打鍵感

打鍵感と打鍵音は動画にしていますので、参考にしてみてください。

スペック

製品名 G913
サイズ(幅x奥行x高さ) 47.5cm x 15.cm x 2.2cm
重量 1,025g
ケーブル長 1.8m
カラー カーボンブラック
キーレイアウト 日本語配列
キースイッチ [耐久性] 5,000万回の打鍵
[アクチュエーションポイント] 1.5mm
[押下圧] 50g
[キーストローク] 2.7mm
角度調節機能 2段階
電源 内臓充電式リチウムイオン電池
連続使用時間 30時間(LEDフル使用)*使用環境により異なります
フル充電 3時間
必要システム Windows 7.0以降、MAC OS 10.11以上
<オプション> インターネット接続環境 ※Logicool G HUBソフトウエアのダウンロード時に必要
付属品 LIGHTSPEED USB レシーバー、レシーバー延長アダプター、USB充電/データケーブル、クイックスタートガイド、保証書

高さ、大きさの比較

ロジクールG『G913』の厚さはわずか22mm

今回はDuckyとロジクール『G913』を比較してみました。かなり薄いことがわかると思います。

薄いのでパームレストなしでも疲れにくいという利点もあります。

やっぱり圧倒的にG913のほうが薄いですね。

大きさはさすがにテンキーレスのDuckyと比べると少し大きく感じます。

まとめ

メリット
  • ブルートゥースとLIGHTSPEEDで2台のデバイスをシームレスにつなげる
  • ワイヤレス
  • マクロやアクションボタンが設定可能な5つのGキー
  • 超薄型ロープロファイルでキーストロークが短いため長時間プレイや作業で疲れにくい
デメリット
  • 価格が少し高め
  • テンキー部分の幅

ロープロファイルなので最初は慣れが必要かもしれないですが、ボタン底打ち後に素早く次のクリックができ薄型で長時間でも疲れにくいのはメリットです。

さらに左端に5つのGキーがあり、マクロやアクションを設定することができるため動画編集やブログなどクリエイティブ作業にも重宝しそうです。とくにDiscordや配信ツールOBSのアクション(配信停止や開始、録画開始や停止、マイクミュートなど)を設定することもできるためゲーム配信や実況をされている方には便利な機能といえそうです。

【Logicool G HUB】使い方とデバイス設定方法【ロジクール】

ブルートゥースとLIGHTSPEEDで2台のデバイスをつなぐことができるため2台PCを利用している方やタブレットやスマホを同時に使用できるメリットもあります。

ゲームはもちろんですが、クリエイティブ作業にも使えるものを探している場合にはイチオシアイテムといえるでしょう。