【Logicool G733 レビュー】側圧軽減!カラバリ豊富なワイヤレス軽量ゲーミングヘッドセット

Nvidia「GeForce experience」アプデ!『Valorant(ヴァロラント)』に「低遅延」機能追加

NvidiaはGPUのドライバ「GeForce experience」の最新バージョン「456.38」をリリース。

これにより、いままでよりもPCとディスプレイがユーザーのマウスとキーボードの入力に素早く反応し、プレイヤーは敵により速く対応できます。

今回のバージョンでRoit Gamesの人気ゲーム「ヴァロラント」でも「低遅延」機能が追加されたので設定方法を紹介したいと思います。

「GeForce experience」とは

Nvidia開発するGPUのドライバーです。

ドライバーを最新の状態に保つことで、ゲーム設定が最適化されます。

「ヴァロラント」でも「低遅延」機能が追加手順

STEP.1
GeForce Experienceドライバを起動

GeForce Experienceのドライバを立ち上げます。

ドライバインストールがまだな場合は以下リンクからダウンロードできます。

Experiencehttps://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/geforce-experience/

STEP.2
最新バージョンへアップデート

ダウンロードをクリックします。

STEP.3
インストール

こだわりがなければ、「エクスプレスインストール」で大丈夫です。

(著者は「エクスプレスインストール」しかやったことがない。)

STEP.4
最新のバージョンに完了

「最新のGeForce GAME READY ドライバです」と記載されていれば完了。

最新か気になる場合は右側の「更新プログラムの確認」をクリックすることで確認もできます。

STEP.5
Valorantの設定

右上「歯車マーク」をクリック

「グラフィック」「一般」「Nvidia Reflix Low Latency」で設定が可能になります。

ブーストについて

ブーストをオンにするとGPU消費電力が増加します。そのためノートPC使用時は注意が必要です。

著者はデスクトップPCなので「オン+ブースト」にしてます。

ぜひ参考にしてみてください。